外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 植栽選び

初めての植栽選び(どんな庭木や草花を植えればいいの?)

植栽の選び方(どんな庭木や草花を植えればいいの?)
蝶が集まるような庭にしたいですね!一緒に勉強しましょう☆

 どんな植栽を植えていいか分からない...

「植物」といってもいっぱいあります。花木、果樹、草花、球根植物など、「どんな植栽を選んで」植えればいいか分からないと思います。私も色んな雑誌やサイトを参考にして「シンボルツリーの選び方」や「花壇に植える草花」を作成しましたが、実際すべてを自分で植えて育ててみたわけでもありません。

そこで、私の独自の判断で「○○で人気のおすすめ□種類」と題して整理してみたいと思います。今までの私の経験と母親の意見を参考にしていますので、入門編として楽しんでもらいたいです。

 とりあえず、ホームセンターへ

とりあえず、ホームセンターへ とりあえず、ホームセンターへ

まずはホームセンターへ行ってみましょう!私がよく行くのは「カインズホーム」と「島忠ホームズ」です。どちらも色とりどりの花がそろえてあって、見ているだけでも楽しいです。

ネットで調べていても、その季節に咲いているものが分かりません。実際足を運んで見ると、果樹あり、胡蝶蘭あり、観葉植物ありとわくわくしてきます。今日もひとつ、わが家の花が増えました☆


 花を飾ると元気も出てくる

モモバキキョウ、多年草 アジサイ、庭木、シンボルツリー

若い人は仕事や遊びに忙しいためか、なかなか住まいを飾る余裕がないでしょう。けれど夢のマイホームを手に入れたら、木を植えたり花を飾らないともったいない気がします。

一時期、核家族などと言われて、親と同居していない家が多かったのですが、このところ、ローンを払うのが大変だったりして、二世帯住宅が増えてきました。そうした家では経済的な余裕が花を飾らせる場合もありますが、たいていは心にゆとりがあると花を飾ったり、花を楽しんだりするものです。

2011年に起きた「大地震」の時、家を失った人がテレビに出ていて、花を飾っていました。尋ねてみると、「お金もなくて大変だけど、花を見ていると元気になる」と言っていたのが印象に残っています。

花を飾ることで、花から元気がもらえるし、家相上も凶作用を無くすこともできるのです。そうなれば、そこに住む人の心や健康もグンとアップします。

マンションやアパートで暮らしてた人は、みんな花に詳しくありません。でもこのサイトで少しずつ勉強して、きれいな花で家を飾れるように頑張りましょう!

≫風水ガーデニングはこちらへ


 花で人をもてなす

ユリオプスデージー、多年草 スペキオサ、球根植物

花は人をもてなすのに一番効果があるものです。花があると人の心も和むものです。家に花がないのは、家族の心に余裕がないということになります。

夫婦共働きだと、なかなか住まいに気を配れないもので、一日中窓を閉めていたり、花を飾る時間がなかったりして、家はただ眠るだけの場所になりがちです。

しかし、どんなに忙しくても、居間やキッチンをきれいにし、花を飾るくらいの余裕を持ちましょう。それを心がければ、人間関係も必ずうまくいきます。


 植栽は目隠しにも最適

コニファー、シンボルツリー コデマリ、庭木、シンボルツリー

分譲地で家を購入した方は特に、お隣との距離が近いため目線が気になるでしょう。目隠し用に植木を利用するのはどうでしょうか?

道路から玄関までのアプローチには、常緑樹をおすすめします。冬になっても葉を落とさないので、目隠しには最適です。あまり大きくならない中低木が剪定も簡単にでき、いつもきれいにしておきたい玄関まわりにはもってこいです!

広い庭があれば、道路からの視線は気になりませんが、狭い場合は目隠しフェンスと植栽を合わせた方法もあります。道路際のブロック上にフェンスを設置し、リビングや部屋の前に植栽を植えるのが最も効果的です。


 花は寄せ植えしてこそ「花がある☆」

ムスカリ、球根植物 ラナンキュラス、球根植物

スマップの「世界にひとつだけの花」ではありませんが、花はひとつだけ植えても寂しいものです…

「花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね♪」

まさにこの歌詞の通りで、大きい花・小さい花・赤い花・白い花など組み合わせてこそ、花達がよりいっそうきれいに見えます。

庭が狭いからってあきらめないで!植木鉢を使って寄せ植えをしてみましょう。私の実家は土の庭がないので、母はすべてプランターを使って花を植えています。近所の友人と一緒に試行錯誤をし、一緒にホームセンターに花を買いにいったりして、寄せ植えを楽しんでいます。

【作成日:2013年1月17日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事