外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » シンボルツリーの選び方 » ハイビスカス|育て方のポイントと特徴

ハイビスカス|育て方のポイントと特徴

概要

ハイビスカス、シンボルツリー
情熱的な真っ赤な色です!
  • 分 類:常緑低木
  • 科 名:アオイ科
  • 属 名:フヨウ属
  • 原産地:世界の熱帯、亜熱帯
  • 樹 高:4m
  • 葉張り(樹冠の横幅):4m

花言葉

常に新しい美、勇ましさ、繊細な美


学名

Hibiscus spp.


特性

夏には欠かせない代表的な熱帯花木。花色は赤、白、黄、桃、橙、覆輪などバラエティに富んでいる。

花形も多彩で花の先端にさらに花が咲いているようなユニークな2段咲きや、ハワイ原種でややピンクがかった白色の印象的な花、ヒビスクス・アーノッティアヌスが加わり楽しみが広がった。


白色のハイビスカス 【ヒビスクス・アーノッティアヌス】

白色のハイビスカス、ヒビスクス・アーノッティアヌス、シンボルツリー

最近導入された注目の種。ハワイ原種で、ホワイト・オアフ・ハイビスカスと呼ばれる。学名【Hibiscus Arnottianus】

白い花弁と長い真っ赤な花柱とのコントラストが鮮やか。花径15~20cm、5~10月開花。3℃で冬越し。


育て方・栽培のポイント

植えつけ、移植

3~5℃まで耐えられるので、沖縄県などの一部の地域では戸外に植え付けることができるが、一般的には鉢植えを楽しむ。開花株や苗を手に入れたら、肥沃な用土に植え替える。6月中旬から8月中旬の間ならいつでも可能。

開花期は、根鉢をくずさないように、ひと回りからふた回り大きな鉢に植え替える。赤玉土6、腐葉土3、堆肥1の配合土、または市販の園芸用土を用いる。


基本の剪定

ハイビスカスは新しい枝に花をつけるので、随時、徒長枝や古い枝を切り戻し、新梢を出させる。矮小剤(植物成長ホルモンの一種で節間んを短くし、草丈を低く抑える薬剤。)の効果の切れた鉢植えや、矮小処理をしていない株は、大きくなりすぎてしまう。

このような株は3~5節を残して伸びすぎた枝を切り戻す。初夏から夏にかけて残した節の葉脈からすぐに新しい芽が伸び、花芽をつける。


水やり

水を好む。初夏から夏にかけては高温期なので蒸散が激しく、鉢土がよく乾く。鉢土を乾かすとしおれてしまうので生育期はほぼ毎日水を与える。朝与えた水が夕方までに乾いたら、夕方にも与える。


肥料

多肥を好むので、肥料を切らさないようにする。肥料切れすると生育が鈍り、花つきが悪くなる。1ヶ月に1回、緩効性化成肥料(N-P-K=8-12-10など)を5号鉢に3個、固形油かすなら月1回、鉢に2個置き肥する。ただし、真夏に高温で弱っているような下部には置き肥は施さず、液体肥料を週に1回程度施すようにする。


ふやし方

挿し木でふやす。枝を2~3節に切り、大きな葉は半分に切り、赤玉土などにさして明るい日陰に置けば、2~4週間で容易に発芽する。秋にさせば、冬越し用の小苗づくりもできる。


病害虫

生育期を通して、最も発生しやすいのがアブラムシ類。発生すると新芽を覆うほど密生し、気味が悪いぐらいひどくなる。アセフェート粒剤など、浸透移行性の殺虫剤を鉢土の表面に散布すると防除できる。


夏と真冬の管理

真夏の手入れ

高温多湿の日本の夏は夜の気温も高いので、さすがのハイビスカスも暑がって夏バテ気味で、花が小さくなったり、咲かなかったりする。

秋になるとまた花が咲いてくるが、真夏でも花を咲かせたいなら、木陰に置いたり、よしずで日よけをして、日中少しでも涼しくしてあげると多少軟弱にはなるが、開花する。


冬越し

11月から5月まで室内に取り込む。ガラス越しの日光が当たる場所に置き、鉢土が乾いたら水を与える。大株を入室する場合は切り戻してコンパクトにするとよい。分枝した基部から葉を2~3枚(2~3節)残した節のすぐ上で切り戻す。また、挿し木苗で冬越しすれば場所は取らない。

ハイビスカス、シンボルツリー
ハイビスカス、シンボルツリー
ハイビスカス、シンボルツリー
ハイビスカス、シンボルツリー

【作成日:2008年11月3日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事