外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » シンボルツリーの選び方 » ジューンベリー

ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴

ジューンベリーの概要

別名アメリカザイフリボクでシンボルツリーに使える庭木。日本のザイフリボクよりも花、果実、紅葉が美しく、観賞価値が高い。

ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
白い花と紫色の実をつける
  • 分類:落葉高木
  • 学名:Amelanchier canadensis
  • 別名:アメリカザイフリボク
  • 科名:バラ科
  • 属名:ザイフリボク属
  • 原産地:北アメリカ東部
  • 樹高:7~8m
  • 葉張り(樹冠の横幅):4~5m
  • 花言葉:穏やか
  • 用途:庭木(シンボルツリー)、果樹

ジューンベリーの特徴

ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
シンボルツリーに使えるジューンベリー

日本のザイフリボクよりも花、果実、紅葉が美しく、観賞価値が高い。花は純白で樹冠を覆うように咲く。

実は6月頃に収穫するので欧米ではジューンベリーと呼ばれる。実つきがよく、樹齢とともに実がつきすぎて樹勢が落ちる場合があるので、実が熟さないうちに採るとよい。


果実でジャムや果実酒

ジューンベリーの果実は紅色から紅紫色に変わり、甘く生食ができ、ジャムや果実酒として利用される。実が赤い時期は酸味と甘みのバランスが良く、黒くなるにつれて酸味が少なくなり甘みが増す。


育て方・栽培のポイント

植えつけ、移植

ジューンベリーの植えつけは11月~3月までが適期である。日当たりのよい、水はけのよい場所を選んで植えつける。土質は選ばないが、腐葉土を土に混ぜるとよい。


剪定

落葉高木の中では成長が遅いほうなので、強い選定は必要ない。樹齢が高くなると徒長枝は少なくなるので、不要なを間引く程度でよい。

剪定時期は落葉期がベスト。ジューンベリーは単幹仕立てのほか株立ち仕立てのものが利用されるが、単幹仕立てのものは株元周辺からひこばえが出やすいので、落葉期に地際から切り除く。


水やり

庭植えはひどく乾燥している場合以外は必要ない。鉢植えは夏に水切れさせないように気をつけること。


肥料

3月頃に寒肥として緩効性化成肥料をひと握りほど株元にまくように施す。寒肥(かんごえ)とは、冬の休眠中に施す肥料を指し、萌芽前後に肥料分を供給することで、春の芽出しに勢いがつきその後の成長が良くなる。


ふやし方

タネをとりまきするか、とり木、挿し木でふやす。ジューンベリーの挿し木は新梢が固まったころ、枝先を15cmほど切り赤玉土にさす。


病害虫

特に見られないが、たまにカミキリムシ、アブラムシが発生する。

ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 ジューンベリー【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
シンボルツリーに使えるジューンベリー

更新:2016年07月04日



このページを読んだ人にお勧めの記事