外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内

アブチロン|育て方のポイントと特徴

概要

アブチロン、シンボルツリー
つる性で、バーゴラやアーチに使う。
  • 分 類:常緑低木
  • 科 名:アオイ科
  • 属 名:アブチロン属
  • 原産地:世界の熱帯、亜熱帯
  • 樹 高:4m
  • 葉張り(樹冠の横幅):4m

アブチロンのポイント

分類 観賞部位 主な繁殖法
花鉢 挿し木
繁殖法の時期/th> 開花期 花色
4~10月 4~11月 赤・黄・橙・桃・白
日当り 耐寒性 耐暑性
耐乾性

花言葉

よい便り、尊敬


学名

Abutilon × hybridum


特性

葉は緑色で心臓形から卵型になり、葉縁に大きな切れ込みが入り、カエデの葉状になるものもある。また、葉縁に白色や黄色の覆輪斑が入ったり、前面に黄色や白色の斑点が入るものなどがあり、観賞価値を高めている

花は新梢部に単生し、径5cmで、花色は赤、桃、橙、白、黄色などがある。花期は戸外では4~11月だが、屋内では年中開花。


育て方・栽培のポイント

植えつけ、移植

比較的低温に強く、0℃まで耐えられるので、関東地方南部以西の無霜地帯では戸外に植えつけることができる。日当たりから半日陰に植えつける。あまり暗い場所には花が咲かないことがある。地植え、移植や鉢植えの植え替えは5月から7月が適期。

霜が降りる地域、寒冷地では鉢植えで楽しみ、冬は屋内に取り込む。関東地方以西などでは霜の当たらない軒下などで冬越しできる。ただし、落葉する。


基本の剪定

枝がよく伸び、樹形が乱れやすいので、剪定で形を整える。4月から9月に2~3節残して枝を数回切り落とす。


水やり

生育旺盛で、大株になると鉢植えはすぐに水切れする。初夏から秋までたっぷり与える。


肥料

植え付け、植え替え時に緩効性化成肥料を施し、春から秋にかけて、固形の緩効性化成肥料を2ヶ月に1回、置き肥する。


ふやし方

4月から10月に充実した緑枝を挿し木する。約1か月で発根するので、水はけのよい、肥よくな用土で鉢上げする。


病害虫

初夏から晩秋まで、アブラムシやハダニ、カイガラムシがつくことがあるので、発生しだい薬剤で防除する。また、真夏に立ち枯れ病が見られる。

アブチロン、シンボルツリー アブチロン、シンボルツリー アブチロン、シンボルツリー アブチロン、シンボルツリー

【作成日:2008年10月23日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事