外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » シンボルツリーの選び方 » ニセアカシア(ハリエンジュ)

ニセアカシア(ハリエンジュ)、フリーシア|育て方のポイントと特徴

概要

ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー
槐(えんじゅ)に似た木で、とげをもつことから「針槐」になった。
  • 分 類:落葉高木
  • 科 名:マメ科
  • 属 名:ハリエンジュ属
  • 原産地:北アメリカ
  • 樹 高:10m
  • 葉張り(樹冠の横幅):3~4m

花言葉

友情、優雅、頼られる人


学名

Robinia pseudoacacia


特性

ニセアカシア(ハリエンジュ)の園芸品種。5~6月にかけての新葉の明るい黄金色が美しい。秋に再び黄金色になり、晩秋まで楽しませてくれる。(写真下部に)枝には小さいとげがある。花は白色、花数は少ない。パープル系の葉色の庭木と組み合わせると大変美しい。


育て方・栽培のポイント

植えつけ、移植

2月から3月に行う。移植する場合は強剪定してから植えつけるとよく活着する。土質は選ばないが、日当たりのよい乾燥地を好む。若木のうちは成長が早いため、曲がりやすので支柱を立てておき、伸びすぎて徒長したら、途中でカットする。


基本の剪定

カスケルージュ、ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー
カスケ・ルージュ

成長は早く、根が浅く、風害を受けやすいので少なくとも年2回は剪定する必要がある。枝にとげがあるため皮手袋をして剪定する。

落葉期に強剪定を行って樹形を整える。この場合、太い枝を切っても枯れることはない。生育期の剪定は、葉色がややあせる6月末から7月上旬にその年に伸びすぎた枝を切りながら形を整える。これにより、台風シーズンの風害を避けることができる。また、再萌芽した葉が秋に紅葉(黄葉)すると、ひときわ鮮やかな黄金葉になる。

※右写真は‘カスケ・ルージュ‘。葉は明るい緑。フジのように垂れ下がった、美しい紫紅色の花をつける。


水やり

  • 庭植え:ほとんど必要ない
  • 鉢植え:夏の間、水切れさせないように気をつける

肥料

  • 庭植え:ほとんど必要ない
  • 鉢植え:寒肥として緩効性化成肥料を少量施す

ふやし方

つぎ木でふやす。台木はニセアカシア(ハリエンジュ)。ひこばえを入手(つぎ木でふやされるので、ひこばえはハリエンジュ)して、それについでもよい。


病害虫

アメリカシロヒトリが発生することがあるのでMEP剤で防除する。また、幹に穴をあける害虫にも注意する。

ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー ニセアカシア、フリーシア、ハリエンジュ、シンボルツリー

関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事