外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内

エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴

エゴノキの概要

シンボルツリーに使えるエゴノキの育て方や剪定方法などを紹介。花は白く5月~6月に垂れ下がって咲く。園芸品種の「ピンクチャイム」が庭木としてよく利用される。

エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
エゴノキには白い可愛らしい花が咲く
  • 分類:落葉高木
  • 学名:Styrax japonicus
  • 科名:エゴノキ科
  • 属名:エゴノキ属
  • 原産地:日本、朝鮮半島、中国
  • 樹高:4~7m
  • 葉張り(樹冠の横幅):2~5m
  • 花言葉:壮大
  • 用途:シンボルツリー、庭木

エゴノキの特徴

エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
ピンク色の花を咲かせる園芸品種のピンクチャイム

エゴノキは落葉樹林の山野に見られる。花は白く、5月~6月に新梢の枝先、葉腋、1~6輪垂れ下がって咲く。暗褐色の樹皮は滑らかで美しい。葉も小さく枝ぶりが繊細で観賞価値が高いため、広く利用されている。


名前の由来

エゴノキの実をかじると「えぐい味」がするということで、エゴノキという名前がついたと言われている。これは有毒の「サポニン」という物質で、昔は果実や根を川の中で潰し魚を麻痺させて穫る方法もあった。また実をつぶして石鹸として利用したり、硬い殻に包まれている種子はお手玉の中に入れて使われた。


ピンクチャイム

エゴノキの中には園芸品種「ピンクチャイム」があり、花が桃紅色(ピンク色)で庭木(シンボルツリー)としてよく利用される。大きさは普通のエゴの木よりも低く3~5mほどで、狭い庭に植える木としては使いやすい。白い花を咲かせる普通種と一緒に植えるのもおすすめ。


育て方・栽培のポイント

エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴 エゴノキ【シンボルツリー】育て方のポイントと特徴
白い花を咲かせるエゴノキ

植えつけ、移植

エゴノキの植えつけは落葉期の11~4月(厳寒期の1~2月は除く)が適期である。直接風の当たらない半日陰に植えつける。やや湿り気のある腐植質に富む土を好むので、乾燥気味の土壌では腐葉土などをすき込んで植えつけるとよい。「ピンクチャイム」は成長がやや遅く、主幹が曲がりやすいので若木の間は支柱を立てておく。


基本の剪定

エゴノキは雑木風の自然な樹姿がよく、強い剪定はなるべく避けて、込みすぎたり大きくなって邪魔な枝の間引き程度の整枝法がよい。剪定は落葉期に行う。成長が良く伸びすぎて剪定せざるをえない場合は、その枝をなるべく元のほうで抜くように切る。枝立ち仕立てで利用されることも多いが、からみ枝を切り主幹に対してほうき上になるように整枝するとよい。


水やり

エゴノキの庭植えは晴天が続きひどく乾燥している場合を除き必要ない。鉢植えは夏に乾燥させすぎると早く落葉して樹勢を弱め、枝先を枯らすことになるので水切れをさせないように気をつける。


肥料

エゴノキの特に園芸品種は若木から花つきがよいので、花後に肥料を施し樹勢を弱めないように注意する。N-P-K=10-10-10の緩行性化成肥料を施す。


ふやし方

エゴノキはタネをとりまきするか、挿し木、つぎ木で増やす。テネはビートモス、鹿沼土などをまき床にしてまくと翌春発芽する。園芸品種はつぎ木か挿し木でふやされる。挿し木は前年枝を長さ15cmぐらいにカットし鹿沼土などにさす。


病害虫

エゴノキには比較的病害虫は少ないが、カイガラムシがついたりカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)が入ることがある。枝先に緑白色のハスの花のようなものがつくことがあるが、これはエゴノネコアシと呼ばれるアブラムシの虫こぶなので、見つけしだい薬剤で防除し手入れする。

更新:2015年10月28日|公開:2015年10月20日


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事