外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » シンボルツリーの選び方 » アセビ(馬酔木)

アセビ(馬酔木)|育て方のポイントと特徴

アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー

特性

早春の3~4月、白いつぼみの小花が枝先にまとまって咲く。花や葉は有害で、馬が食べると酔うことから「馬酔木」と書く。新芽や葉も美しく、観賞期間は長い。

花色が淡紅色の「アケボノアセビ」、新葉が鮮紅色の「ヒマラヤアセビ」、「リュウキュウアセビ」などの品種もある。

日本の山に自生する常緑低木。高さ1~3mになる。

葉は単葉で互生し、皮質、鋸歯縁があり、葉柄は短い。

花はつぼ形、花色は白で長さは約7mm。頂生の円錐花序について下垂する。


花言葉

犠牲、二人で旅をしよう、清純な心

英名

Pieris japonica


分類

ツツジ科アセビ属


原産地

東アジア、日本


用途

庭園


育て方・栽培のポイント

排水は良いが、乾燥して水切れにならない場所が栽培に適するが、一度根づけば、日当たりの悪い半日陰でも十分生育する。

日本自生の植物であり、大変強い。


剪定

剪定は強く行わないこと。小枝を密生させて自然に樹形を整えるので、あまり手はかからない。

花芽は、花後すぐに今年伸びた新梢の先端に作られるので、剪定は花の終わった直後に行う。花がらを摘取り、花がらの下の葉も切り取ります。花がらを残したままにすると、結実して樹勢が衰え、花つきが悪くなる。

一定の大きさを保つためには、強い剪定や刈り込みができる。適期は新芽を出す直前の3月頃。太い枝は小枝のところで切り、切り口は保護剤を塗っておくこと。


ふやし方

増殖は、挿し木・取り木・株分けで育てる。


有毒植物

毒性の強い有毒植物で、昔はその煮汁がハエ・ウジの駆除剤や農作物の殺虫剤として利用された。

アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー アセビ、馬酔木、庭木、シンボルツリー

【作成日:2012年11月26日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事