外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内

リンゴ|育て方のポイントと特徴

リンゴ、庭木、シンボルツリー リンゴ、庭木、シンボルツリー

花言葉

名声、選択

学名

Malus pumila var.domestica


分類

バラ科リンゴ属


原産地

ヨーロッパ、西部アジア


特性

耐寒性・落葉高木、低木


用途

庭木、コンテナ


育て方・栽培のポイント

日当たりのよく、水はけのよい有機質に富む肥沃な土壌を好む。比較的冷涼な気候を好む。


植付け

秋か春に苗木を植付ける。このとき台木の種類によって、成木になった時の大きさが変わってくるので注意する。


家庭用には、わい性の台木

最近は丈のあまり伸びない、わい性の台木のものが取り扱われているので、家庭用にはわい性台木のものが便利である。


果実は隔年

結果は隔年なので、落花後35日以内に余分な果実を除き、40~70枚に1果実の割合で残すようにする。

リンゴ、庭木、シンボルツリー リンゴ、庭木、シンボルツリー リンゴ、庭木、シンボルツリー リンゴ、庭木、シンボルツリー

【作成日:2012年11月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事