外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » シンボルツリーの選び方 » マンリョウ(万両)

マンリョウ(万両)|育て方のポイントと特徴

マンリョウ、庭木、シンボルツリー マンリョウ、庭木、シンボルツリー

花言葉

陰徳、特のある人

学名

Ardisia


分類

ヤブコウジ科アルディシア属

マンリョウ(A.crenata)、カラタチバナ(A.crispa)、ヤブコウジ(A.japonica)など。


原産地

アフリカを除く世界の熱帯から温帯に約300種。日本にも自生。


特性

耐寒性・常緑低木または亜高木。

葉は単葉で多くは互生し、全縁または鋸葉縁。花は通常両性で、頂生または腋生の円錐から散房状などの花序につき、ふつう5数性をもつ。

がく、花冠はともに深裂するが、花冠裂片は右回りの片巻き状に配する。雄しべは短く直立し、花筒基部につく。葯は内向する。果実は石果で、1個の種子を入れる。

「マンリョウ」は直立し高さ30~100cm、「ヤブコウジ」はほふく枝があり、その先が立ち上がって高さ10~30cmとなる。

花は白色、7月頃より開花し、秋に7~8mmの赤・黄・白の実をつける。


用途

花壇、コンテナ


育て方・栽培のポイント

全般に寒さに強く、性質強健。栽培は容易であるが、マンリョウは寒冷地の冬期に若干の防寒が必要である。

栽培は戸外が原則で、日当たりを好むが、山林の低木であるため夏期の強光は避けること。土質はあまり選ばない。


植付け、移植

鉢用土は、排水を良くするため、市販の赤玉土や培養土にピートモスやバーミキュライトを1~2割混ぜた配合土が適当である。

保水性、排水性のよいさらっとしたものを使い、覆土は種子が隠れる程度で良い。


水やり

潅水後は、乾かさないようにビニール袋で覆い、日陰で管理するとよい。


ふやし方

増殖は実生または挿し木、接ぎ木。実生の場合は、完熟した果実から果肉を除いて得られた種子を、4月に鉢または播き床に播く。

挿し木は6~7月に行う。上部の若い小枝に数枚の葉につけて、5cm程度の長さに切り、挿し床に密に挿す。

マンリョウ、庭木、シンボルツリー マンリョウ、庭木、シンボルツリー マンリョウ、庭木、シンボルツリー マンリョウ、庭木、シンボルツリー

【作成日:2012年11月30日】


関連ページ


フェイスブックで新着ニュース