外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » プリムラ【多年草】サクラソウ、ジュリアン

プリムラ【多年草】サクラソウ、ジュリアンが有名で500種以上が分布

プリムラ|学名Primula(サクラソウ、ジュリアンなど)

サクラソウ、多年草 ジュリアン、多年草

花言葉

希望、青春

分類

サクラソウ科プリムラ属


原産地

中国西部からチベット、ヒマラヤヨーロッパなどの北半球の温帯に500種以上が分布。

日本にもサクラソウ(P.sieboldii)、クリンソウ(P.japonica)など20種が自生している。


特性

多くは低性の多年草で耐寒性は強い。また、多くは高山植物で、比較的湿り気のある砂礫地から湿原などに生育している。


オーリキュラ|学名Primula auricula 別名:アツバサクラソウ

オーリキュラ、アツバサクラソウ、多年草 オーリキュラ、アツバサクラソウ、多年草

原産地

ヨーロッパ・アルプス


特性

耐寒性多年草。ヨーロッパ・アルプス原産のアウリクラ種(P.auricura)を中心に育成された園芸品種群。

直径2~3cmの蛇の目の入る紫紅、茶、灰色などと、ユニークな色の花を咲かせる。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

水はけのよい用土で栽培する。暑さに弱く、夏は半日陰の涼しい場所で栽培する。

種子で殖やす。


オブコニカ|学名Primula obconica 別名:トキワザクラ、シキザキサクラソウ

オブコニカ、トキワザクラ、シキザキサクラソウ、多年草 オブコニカ、トキワザクラ、シキザキサクラソウ、多年草

原産地

中国西部からヒマラヤ


特性

耐寒性多年草。

大輪で豪華な花を咲かせる。花色は紫、青、紅、赤、桃、橙、白色などがあり、色が濃くなっていく品種もある。

プリムラのなかでは比較的弱光にも耐えることができる。葉の裏にある毛からプリミンというアルカロイドが分泌され、肌の弱い人はかぶれることがある。


用途

鉢植え


栽培・育て方

開花株は窓辺の日当たりのよい場所に置く。半日陰の場所にも耐えられる。

暑さにも比較的強く、風通しの良い涼しい場所に置けば、夏越しさせることもできる。

実生、株分けで殖やすこともできる。


キューエンシス|学名Primula × kewensis

キューエンシス、多年草 キューエンシス、多年草

原産地

イギリスのキュー植物園で作られた交配種


特性

耐寒性多年草。

花の直径2cmくらいの黄色の花を咲かせる。


用途

鉢植え


栽培・育て方

丈夫で栽培しやすい植物である。日当たりのよい場所で栽培する。

種子、株分けによって殖やす。


サクラソウ|学名Primula sieboldii

サクラソウ、多年草 サクラソウ、多年草

花言葉

希望に満ちる


原産地

日本、朝鮮、東部シベリア


特性

耐寒性多年草。

原種は花の直径2cmくらいの桃紫色の花を4月に咲かせる。

江戸時代中期から栽培が始まり、多くの園芸品種が作られた。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

秋に株分け、植えつけを行う。

屋外で管理する。

開花後、根を保護するために増土を行い、涼しい場所に置く。


ジュリアン|学名Primula juliae-hybrid

ジュリアン、多年草 ジュリアン、多年草

原産地

コーカサス地方原産の小形ジュリリアエ(P.juliae)とヨーロッパ原産のポリアンサ(P.polyantha)を交配して、日本で作られた園芸品種。


特性

耐寒性多年草。

ポリアンサを小形化したような株で、小形で多様な花色の花を咲かせる。日当たりを好む。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

開花株は、窓辺の日当たりのよい場所に置く。生育適温15~20℃。

耐寒性は強く、-5℃くらいまでは耐えることができるが、暑さに弱く、30℃を越えるとクロロシスを起こすことがある。

6月くらいに種子を播いて殖やす。発芽適温は15~20℃くらい。光発芽種子(好光性種子)。

半日陰の涼しい場所で夏越しさせ、秋に植替え、株分けをすることができる。


デンティクラータ|学名Primula denticulata 別名:タマザキサクラソウ

デンティクラータ、タマザキサクラソウ、多年草 デンティクラータ、タマザキサクラソウ、多年草

原産地

ヒマラヤ山麓


特性

耐寒性多年草。草丈30cmくらい。

ピンポン玉状の花をつける。花色は桃、白色などである。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

寒さに強く、暑さにはやや弱い。日当たりのよい場所に置く。

夏は半日陰の風通しの良い、涼しい場所に置く。

水はけのよい用土で栽培する。種子で殖やす。


ポリアンサ|学名Primula × polyantha 別名:クリンザクラ

ポリアンサ、クリンザクラ、多年草 ポリアンサ、クリンザクラ、多年草

原産地

ヨーロッパ


特性

耐寒性多年草。

大輪で非常に多様な花色の花を咲かせる。

日当たりを好む。日当たりの悪い場所に置かれていると、花色が悪くなってしまう。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

開花株は、窓辺の日当たりのよい場所に置く。生育適温15~20℃。

耐寒性は強く、-5℃くらいまでは耐えることができるが、暑さに弱く、30℃を越えるとクロロシスを起こすことがある。

6月くらいに種子を播いて殖やす。発芽適温は15~20℃くらい。光発芽種子(好光性種子)。

半日陰の涼しい場所で夏越しさせ、秋に植替え、株分けをすることができる。


マライコイデス|学名Primula malacoides 別名:ケショウザクラ、オトメザクラ

マライコイデス、ケショウザクラ、オトメザクラ、多年草 マライコイデス、ケショウザクラ、オトメザクラ、多年草

原産地

中国雲南省、四川省


特性

耐寒性多年草。暑さに弱いので、園芸的には秋播き一年草として扱われる。

段状に桃、赤、紫、白、複色などの花を咲かせる。八重咲きもある。

やや小輪ではあるが、寒さに強く、花壇植えに適した2倍体品種もある。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

寒さには強いが、暑さには弱い。

生育適温は15~20℃。日当たりを好む。

開花株は日当たりのよい窓辺に置く。日当たりが悪いと花色が悪くなり、花も咲かなくなってしまう。

一般に6月くらいに種子を播いて殖やす。発芽適温は15℃。

育苗期は水はけのよい用土で栽培し、定植時にはやや保水性のよい用土で栽培する。

【作成日:2012年10月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事