外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » ペラルゴニウム、ゼラニウム【多年草】

ペラルゴニウム、ゼラニウム【多年草】約280種あり人気4種を紹介

ペラルゴニウム Pelargonium

花言葉

あでやかな装い

分類

フクロウソウ科ペラルゴニウム属

南アフリカを中心に約280種が分布している。古くはフクロウソウ属に分類されており、園芸的にはゼラニウムと呼ばれている。


アイビーゼラニウム|学名P.peltatum 別名:ツタバゼラニウム

アイビーゼラニウム、ツタバゼラニウム、多年草 アイビーゼラニウム、ツタバゼラニウム、多年草

原産地

南アフリカ


特性

半耐寒性多年草。

ほふく、または下垂する茎を持ち、葉は五裂した五角形でやや多肉質の照葉。

花はやや小形であるが密に咲き、ほぼ四季咲き性。


用途

鉢植え


栽培・育て方

日照を好む。水はけのよい用土で栽培する。

寒さにやや弱く、最低気温は5℃以上を確保する。挿し木で殖やす。

近年は実生系の品種も売られている。


ゼラニウム|学名P.hortorum

ゼラニウム、多年草 ゼラニウム、多年草

原産地

南アフリカ


特性

半耐寒性多年草。非常に多くの園芸品種がある。

従来は挿し木で殖やす栄養系品種が主であったが、現在は種子で殖やす実生系が主になっている。四季咲きである。

花色は赤、橙、紫紅、白色などがあり、複色もある。一重だけでなく、八重咲きもある。

葉に白、黄、赤、紫色などの斑の入る、斑入り葉ゼラニウムもある。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

日当たりと乾燥気味の気候を好む。

鉢植えでは通気性、排水性のよい弱酸性の用土を使う。チッ素肥料は控え気味にする。

生育適温は15~25℃くらい、最低気温は3℃以上を確保する。

実生、挿し木で殖やす。


ペラルゴニウム|学名P.domesticum

ペラルゴニウム、多年草 ペラルゴニウム、多年草

原産地

南アフリカ


特性

半耐寒性多年草。

花は大輪で花色も多様で豪華である。多くの園芸品種がある。

花は4~5月の一季咲きである。


用途

鉢植え


栽培・育て方

日当たりと乾燥した涼しい気候を好む。水はけのよい弱酸性の用土で栽培する。

生育適温は15~20℃。最低気温5℃を確保する。

花芽は15℃以下の低温で分化し、高温長日条件化で開花する。

花は雨に弱いので、開花期は軒下などの直接雨の当たらない場所に置く。

夏は涼しい半日陰の場所、冬は日当たりのよい室内の置く。9~10月に枝先を挿し木で殖やす。


パンジーゼラニウム|学名P.violareum

パンジーゼラニウム、多年草 パンジーゼラニウム、多年草

特性

南アフリカ、ケープ地方原産の半低木のPelargonium violareumが、この名前で売られている。

【作成日:2012年10月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事