外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » マツバギク【多年草】

マツバギク【多年草】多肉植物で乾燥を好み、寒さには弱い

マツバギク|学名Mesembryanthemum spectabilis

マツバギク、多年草 マツバギク、多年草

花言葉

可憐、無邪気

分類

ツルナ科マツバギク属


原産地

南アフリカ


特性

春植え多年草、多肉植物


用途

花壇、ロックガーデン、コンテナ


栽培・育て方

日当たりと水はけのよい土地を好む。

多肉植物であるため乾燥を好み、湿地を嫌う。寒さには弱いので、冬期-2℃以下になる土地では秋に株を掘り上げて鉢に植替え、フレームなどで冬越しをする。

肥料はあまり必要ないが、路地植えの場合、生育中は月1回化成肥料などを少量施す。プランター植えで100日おきに緩効性肥料を施す。

増殖は秋、9~10月頃に挿し木で行う。充実した枝を10cmくらい切り、下葉を取って、4号程度の鉢に3~5本直接挿す。発根したら1度摘心してわき芽を数本出させると、草姿がよくまとまる。

マツバギク、多年草 マツバギク、多年草 マツバギク、多年草 マツバギク、多年草

【作成日:2012年10月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事