外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » ギボウシ(擬宝珠)ホスタ【多年草】

ギボウシ(擬宝珠)ホスタ【多年草】東アジア特産で約200種類

ギボウシ(擬宝珠)|学名Hosta 別名:ホスタ

ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草 ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草

花言葉

静寂

分類

ユリ科ギボウシ属


原産地

東アジア


特性

耐寒性多年草。ギボウシ属は、東アジアの特産で約200種類が分布しているが、その多くが日本に自生している。

古くから庭園などに植栽されていたが、近年、欧米でも品種改良が進み、多くの園芸品種が作出されている。

夏から秋に淡青色の花を咲かせるが、観賞価値が高いのは美しい葉であり、斑の入るものもある。半日陰の場所でも栽培できる。


用途

庭植え、鉢植え


栽培・育て方

丈夫で栽培しやすい植物である。春に苗を植える。

日当たりでも半日陰の場所でもよい。しかし、斑入りの品種は葉焼けを起こすことがあるので注意が必要である。

春と秋に追肥を施す。冬の休眠期に株分けして殖やす。

ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草 ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草 ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草 ギボウシ(擬宝珠)、ホスタ、多年草

【作成日:2012年10月2日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事