外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » ホテイアオイ【多年草】

ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス 【多年草】水深10~15cmで管理

ホテイアオイ|学名Eichhornia crassipes 別名:ウォーターヒヤシンス

ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草 ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草

花言葉

動きやすい恋

分類

ミズアオイ科ホテイアオイ属


原産地

南アメリカ


特性

多年草水草。

九州、四国南部以外では冬期枯死する。


用途

水鉢、池植え、水生花壇


栽培・育て方

水面にただ浮遊させていても生育するが、開花しても花数が少ない。

鉢に田土や荒木田土などの培養土を入れ地下茎を植え込み、水深10~15cmにして日当たりのよい場所で管理すると、観賞価値の高い鉢物になる。

冬期は最低5℃を保つと越冬できる。

繁殖は、地下茎を株分けして、土壌に植え込むと地上部が再生し、夏の高温期にどんどん株が殖える。

ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草 ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草 ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草 ホテイアオイ、ウォーターヒヤシンス、多年草

【作成日:2012年10月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事