外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » ダイアンサス類、ナデシコ類【多年草】

ダイアンサス類、ナデシコ類【多年草】5月の「母の日カーネーション」

ダイアンサス類 Dianthus ナデシコ類(カーネーションも)

花言葉

深い愛情


分類

ナデシコ科ダイアンサス属


原産地

ヨーロッパ、地中海沿岸、アジア、アフリカなどに約300種が分布している。多くは多年草である。

日本にもエゾカワラナデシコ(D.superbus)など4種が自生している。

特性

ダイアンサス属には多くの種があり、相互に比較的容易に種間雑種ができるので、古くから種間交配が行われ、新しい系統や園芸品種がつくられている。


種間雑種

ビジョナデシコ、カワラナデシコなどによる種間雑種の園芸品種も数多く作られている。


イセナデシコ(伊勢撫子)|学名Dianthus isensis

イセナデシコ(伊勢撫子)、多年草 イセナデシコ(伊勢撫子)、多年草

特性

耐寒性多年草・二年草。セキチク(D.chinensis)とカワラナデシコ(D.superbus)の雑種から改良されたものといわれる。

薩摩から大阪を経て伊勢へと伝来した。紀州藩士の継松栄二(1803~1866)が、花弁が細く裂け、垂れ下がる花型に改良したといわれる。

本来は多年草であるが、9~10月の秋播きをして苗を育てると大きな花を咲かせることができる。


カーネーション|学名Dianthus caryophyllus

カーネーション、多年草 カーネーション、多年草

花言葉

母の愛情


原産地

地中海沿岸といわれるが詳細は不詳。


特性

非耐寒性多年草。現在のカーネーションは、D.caryophyllus、タツタナデシコ(D.plumarius)、セキチク(D.chinensis)などが多元的に交雑された園芸品種と考えられている。

もとは7~8月開花の一季咲きであったが、セキチクを交配することによって四季咲きとなっている。

非常に多くの園芸品種がある。その多くは育苗登録されている。


用途

切花、鉢植え、母の日のプレゼント☆


栽培・育て方

生育適温は15~20℃。光が強いほどよい。

根は通気性を好むので、堆肥などを入れた用土で栽培する。

肥料を好むが、少量を回数多く施す。

挿し木で殖やす。エチレンに遭遇すると、蕾が開花しないで終わってしまうことがある。

切花はSTSで水揚げする。


カワラナデシコ(河原撫子)|学名Dianthus superbus var. longicalicinus 別名:ナデシコ(撫子)、ヤマトナデシコ(大和撫子)

カワラナデシコ(河原撫子)、ナデシコ(撫子)、ヤマトナデシコ(大和撫子)、多年草 カワラナデシコ(河原撫子)、ナデシコ(撫子)、ヤマトナデシコ(大和撫子)、多年草

原産地

日本全土の山野、河原などに自生。


特性

耐寒性多年草。草丈30~80cm。

日当たり、水はけのよい場所で栽培する。

5~10月に開花。挿し芽、実生、株分けで殖やす。


セキチク(石竹)|学名Dianthus chinesis

セキチク(石竹)、多年草 セキチク(石竹)、多年草

原産地

中国南西部


特性

耐寒性多年草であるが、一般には秋播き一年草として扱われる。

三寸石竹(草丈10~15cm)、五寸石竹(草丈20~30cm)がある。

日当たりのよい場所で栽培する。開花期は5月。


タツタナデシコ|学名Dianthus plumarius

タツタナデシコ、多年草 タツタナデシコ、多年草

原産地

ヨーロッパ東部から南部


特性

耐寒性多年草。日本には、1910年頃渡来。草丈20~40cm。

花色は白から濃桃色までと多様で、中心部に濃色の斑が入る。花には芳香がある。挿し木で殖やす。

カーネーションをはじめ、多くの園芸品種の親になっている。


トコナツ(常夏)|学名Dianthus chinensis var. semperflorens

トコナツ(常夏)、多年草 トコナツ(常夏)、多年草

特性

耐寒性多年草。セキチクから改良され、江戸時代から栽培されている。

草丈10~30cm。耐寒性があり、四季咲き性がある。

日当たりのよい、水はけのよい場所で栽培する。挿し木で殖やす。


ビジョナデシコ|学名Dianthus barbatus
別名:ヒゲナデシコ、アメリカナデシコ

ビジョナデシコ、ヒゲナデシコ、アメリカナデシコ、多年草 ビジョナデシコ、ヒゲナデシコ、アメリカナデシコ、多年草

原産地

ヨーロッパ東部および南部


特性

耐寒性多年草。園芸的には秋播き一年草として扱われる。

草丈60cmくらい。4月下旬~6月上旬に開花。

切花、鉢植え、庭植えにされる。

日当たりと水はけのよい場所で栽培する。苦土石灰を施しておく。

【作成日:2012年10月29日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事