外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » クンシラン(君子蘭)【多年草】

クンシラン(君子蘭)【多年草】3~4月にオレンジ色の花が咲く

クンシラン(君子蘭)|学名Clivia

クンシラン(君子蘭)、多年草 クンシラン(君子蘭)、多年草

花言葉

優しい気持ち

分類

ヒガンバナ科クリビア属


原産地

南アフリカ


特性

非耐寒性多年草。

本来のクンシラン(C.nobilis)はあまり栽培されておらず、園芸的に栽培されているのはウケザキクンシラン(C.minitata)である。

3~4月に橙色の花を咲かせるが、近年は黄色の花もある。幅広の光沢のある濃緑色の葉も美しく、斑入りの品種もある。


用途

鉢植え


栽培・育て方

寒さにやや弱く、霜の心配がある場所では、室内の栽培が必要である。

直射日光に当たると葉が焼けてしまうことがあるので、半日陰の場所で管理する。また、光が不足すると葉が乱れてしまう。

葉が7~8枚以上ふえると、花芽が形成される。このとき、5~10℃の低温に2ヶ月くらいあわないと、葉の間で花が咲いてしまうことがあるので、必要以上の暖房はしないこと。

2~3年に一度、5~6月に水はけのよい用土で植替えを行う。繁殖は株分け、実生による。

比較的肥料を好むので、春と秋とに追肥するとともに、2週間に一度液体肥料を施す。

クンシラン(君子蘭)、多年草 クンシラン(君子蘭)、多年草 クンシラン(君子蘭)、多年草 クンシラン(君子蘭)、多年草

【作成日:2012年10月2日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事