外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » オリヅルラン【多年草】

オリヅルラン【多年草】熱帯地方に約200種が分布し寒さに強い

オリヅルラン|学名Chlorophytum

オリヅルラン、多年草 オリヅルラン、多年草

花言葉

気の多い恋

分類

ユリ科クロロフィツム属


原産地

南アフリカ


特性

半耐寒性多年草。

クロロフィツム属の植物は、熱帯地方に約200種が分布している。一般には南アフリカ原産のオリヅルラン(C.comosum)、アフリカのガボン原産ではあるがシャムオリヅルラン(C.bichetii)と呼ばれるものなどが栽培されている。

白く斑の入る細長い葉を密に群生し、オリヅルランはランナーを多数生じる。シャムオリヅルランはライナーを生じない。


用途

鉢植え


栽培・育て方

3℃くらいまで耐えることができる。寒さにも強い、丈夫で育てやすい植物である。

光を好むので屋外で吊り鉢などに植えて管理する。乾燥にも強いので、鉢土が乾いてから水やりをする。

春から秋に液体肥料を2週間に一度、水やり代わりに与える。

霜にあうと葉が痛むので、冬は室内の窓辺などで管理する。特にシャムオリヅルランは、寒さにやや弱いので注意が必要である。

繁殖はライナーを切り取って植える。シャムオリヅルランでは株分けをする。

オリヅルラン、多年草 オリヅルラン、多年草 オリヅルラン、多年草 オリヅルラン、多年草

【作成日:2012年10月2日】


関連ページ


フェイスブックで新着ニュース