外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 多年草・宿根草 » アガパンサス【多年草】

アガパンサス【多年草】20種ほどが分布し寒さに強い

アガパンサス|学名Agapanthus

アガパンサス、多年草

花言葉

優しい気持ち

分類

ユリ科アガパンサス属


原産地

南アフリカ


特性

耐寒性多年草。アガパンサス属の植物は、南アフリカを中心に20種ほどが分布している。多くは園芸種であるが、日本では品種名が付けられず販売されていることが多い。

草丈も1mになるものから20cmくらいの小形のものもある。

花色も青紫、白色などがある。暖地では葉は常緑であるが、寒地では地上部は枯死する。根は強く、斜面などに植えると土止めにも役立つ。和名はムラサキクンシラン。


用途

庭植え、鉢植え、切花


栽培・育て方

丈夫で栽培しやすい植物である。水はけ、日当たりのよい場所で栽培する。やや半日陰でも栽培できる。

夏の高温乾燥、冬の寒風を避けるため、株元を堆肥などで覆うとよい。庭植えでは数年間植え放しでよい。

春先と花後に緩効性の肥料を施す。植替え、株分けは、花後すぐか、9月頃に行う。切花は、切り口から粘液が出るので洗い流すことが必要である。

アガパンサス、多年草 アガパンサス、多年草 アガパンサス、多年草 アガパンサス、多年草

【作成日:2012年9月4日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事