外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 風水ガーデニング » 松竹梅が縁起がいい理由は?

松竹梅が「縁起がいい」とされる理由は?

「松竹梅」はおめでたい木の代表!

松竹梅が縁起がいい 松竹梅が縁起がいい

昔から、木の枝を通ってきた風はストレスを治すと言われています。だから、庭に木を植え、風を感じるということは、建物にとっても、人にとってもいい環境づくりになるのです。

特に松の木々を通った風は、心臓病や結核によいとも言われています。

「松竹梅」はおめでたい木の代表!梅が枯れ、松が枯れ、「縁起が悪い」と言い始めたら、本当にゴタゴタが起きてしまった家があります。植木が枯れるには、それなりの原因が考えられます。

例えば、日当りや風通しが悪くなったりとか、工事で根を痛めてしまったとかです。また、手入れが悪くてということも考えられます。あるいは、庭師さんが入っていたのに、急に来なくなったなどです。

歳寒(さいかん)の三友

ウメ(梅)、庭木、シンボルツリー ウメ(梅)、庭木、シンボルツリー

松竹梅は「歳寒の三友」と呼ばれています。

松と竹は寒中にも色褪せず、また梅は寒中に花開く。

「松」の葉は冬でも色を変えません。「竹」は勢いよくまっすぐに伸びて、節があり、柔軟性と強さを持っています。「梅」は寒い間にきれいな花を咲かせ、香りもとてもよいです。

そのうえ、「松」は「長寿」、家運の繁栄を表し、「竹」は「子孫繁栄」、「梅」は「君子の徳を授かる」と言われていて、この3つの木を植えれば幸せになれると考えられています。

地震の時は、竹林に逃げ込むとよいと昔から言われています。竹は根を張っていて、地割れが起きにくいからです。タケノコも旬のときはおいしく、鑑賞にもすばらしい植物です。

松は手入れが大変です。松食い虫で枯れたりすることもありますが、日本の庭木の王様です。そして何よりも美しいです。

タケ、ササ、庭木、シンボルツリー タケ、ササ、庭木、シンボルツリー

【作成日:2012年5月14日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事