外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 風水ガーデニング » 風水庭づくり8つのノウハウ

風水庭づくり8つのノウハウ|難しくないですよ!

草花や庭木の手入れは楽しい!

風水庭づくりのノウハウ

庭は、一年中手入れが欠かせません。草花や庭木の手入れは、時間に追われている私たちに自然のサイクルと営みを教えてくれます。

春に種や苗を買ってきて、プランターに移し、毎日水をあげ、そして成長を楽しむ。明るい太陽とさわやかな風の中で、私たちの努力に花は報いて、きれいに咲いてくれます。

花や庭木などをアレンジした庭は、私たちの生活の中でゆとりとくつろぎの空間を与えてくれ、楽しいわが家を作ることを可能にしてくれます。

さて、色々な庭の作り方がありますが、庭を作るときには目的が必要です。住まい方の特徴も生かさなければなりません。

家の中心から八方位に、どんな小さな草花でもいいから相性のよいものを植えることによって、家を中心とした残りの空間の全体を庭として考えることもあります。

あなたの家の周りにある小さな隙間を、あなたの家のたのしい庭空間、つまり園芸場にすることだってできるのです。

まずは、庭の真ん中に木を「1本」

ハナミズキ、シンボルツリー ヤマボウシ、シンボルツリー

庭の真ん中もポイントです。中心にパワーを集中させ、庭を生き生きさせるのです。

庭木を中心にして庭を作る場合、庭の真ん中に植える木が大事です。中心に植える木は「ひもろぎ」(古代、祭りの時神が宿るとした清浄な場所)と同じ役目があり、宇宙のパワーが宿ります。

どんな庭を作ろうかとアイデアが浮かばないときは、まず庭の真ん中にこれはと思う木を1本植えてみることです。


石段のアプローチ

風水庭づくりのノウハウ

敷地が道路からかなり上がったところにあるなら、これをうまく利用すると素敵なアプローチになります。その階段の幅が広ければ、階段の脇にプランターを置き、そこに花を植えることによって、玄関までのアプローチは豊かになっていきます。


プランターを利用

ダッチアイリス、多年草 インパチエンス、多年草

春になって、小さな種からきれいな花を育てて、その鉢植えの花を庭や玄関、テラスなどに置くのもいいでしょう。

たとえば、プランターで春に花を咲かすパンジーを植える場合、東西南北にあった色を育てることです。赤いパンジーは東へ、黄色のパンジーは西へ、オレンジのパンジーは南へ、ワインレッドやピンクのパンジーは北へと、花が咲いてから相性のいい方位へ移してください。

プランターで花を育てる場合、一番大事なのは、毎日水をあげることです。そして「よく育っているね、きれいだね」と花をほめてあげましょう。


庭木中心のガーデン

ムラサキシキブ、紫式部、シンボルツリー アジサイ、庭木、シンボルツリー

小さな花だけでなく、庭木でガーデニングする方法があります。小さな庭木をかたどって、それを中心に庭づくりをする方法です。この場合、建物が日陰にならないように注意することが必要です。


ハンギングをうまく使う

ポトス、オウゴンカズラ、温室植物

プランターをハンギング・バスケットふうにして飾る家が増えてきました。庭がなくても、庭と同じイメージを作ることができます。

例えば、建物に欠けがあったり、また外壁の色が凶相だったりする場合には、きれいな明るい花をハンギング・バスケットふうにして咲かせることで、あなたの家を吉相にすることができます。


和風の庭

和風の竹垣と和風庭園

塀で囲った坪庭風の庭は、雑木や下草で庭を構成することによってできます。

素人には難しいですが、竹垣で仕切りを作った中に、灯籠やつくばいなどを配し、コケなどをきれいに生やした庭は、部屋の中から見れば、まるで部屋の延長として一体型で見ることもできます。


風水で前庭づくり

エニシダ、庭木、シンボルツリー コデマリ、庭木、シンボルツリー

玄関はその家の顔であるのと同時に幸運の出入り口、そこに一本の木があるだけで家の雰囲気は変わります。

西に玄関があるのならば、エニシダのように黄色く垂れて咲くようなものを植えておくといいですし、鬼門の玄関ならコデマリなどを植えておけば、真っ白いきれいな花を咲かせてくれます。

北側の玄関で少し寂しければ、シャクナゲなどはピンクにきれいに咲いてくれます。玄関の方位によって、アプローチに植える花は家の運気を上げてくれます。

風水には、門があったほうが吉相という考え方があります。けれども、門がなくても、レンガと白いフェンス、そしてバラがあるだけで門以上のパワーを出すことができます。玄関前は、限られた空間ですし、人が通るたびに花を見てくれるのがいいですね。


花木をメインにプランニング

ヤマブキ、庭木、シンボルツリー ヤマブキ、庭木、シンボルツリー

庭には季節の花が咲く大ぶりな木があると楽しいものです。一般的に庭木についてはかなり大きくなることを予想した上でプランを考えてください。

ヤマブキなどはどんどん大きくなって、大株になればなるほど春先には一面の真っ黄色に染めてくれ、良い雰囲気を醸し出してくれます。金運が上がりそうですから、西の玄関の前庭や西に庭にはぜひ植えてください。

ポイントとしては、花が咲く木を6割ぐらい、そして常緑の木を4割ぐらいにします。つまり、建物と庭の陰陽のバランスを同じようにすることによって、庭としての落ち着きが十分に出てきます。

【作成日:2012年5月14日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事