外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 風水ガーデニング » 仕事運と風水ガーデニング

仕事運と風水ガーデニング|仕事のできる男になろう!

花の選び方と季節

仕事運と「風水」ガーデニング

3月、7月、10月、11月に咲く花がいいでしょう。仕事に関しては、赤と青の花が東の庭に咲いたら、言うことなしです。

パンジーの赤と青もいいですし、デージーやアネモネ、アマリリス、オダマキ、カーネーション、ガーベラ、キンギョソウ、シャクヤク、ゼラニウム、バラ、なども仕事運に効きます。


a) 仕事で疲れ気味のとき...

ガーベラ、多年草 カーネーション、多年草

仕事で疲れ気味ならば、表鬼門の東北に白い花や赤い花や実をつけるものを植えてください。また、裏鬼門の南西には、紫色や黄色の花が咲くといいです。花でなく、植木でもOK。時期は2月、5月、8月、11月です。


b) 子宝に恵まれるには?

ザクロ、石榴、庭木、シンボルツリー

子宝に恵まれたければ、オレンジの花やザクロの木、モモの木を植えるといいでしょう。


c) 才能を発揮するには?

才能を発揮するためには、南に一対の木を植えてください。


仕事運の呼び込み方

仕事運の呼び込み方

庭の東と北西、南西の3方位が仕事運には大切です。東の発展とやる気、北西のよい上司やスポンサーに恵まれるパワー。さらに南西は家庭を守る方位です。やはり家庭がきちんとしていなかったら、仕事運は絶対に伸びません。必ずどこかで行き詰まります。

東側の庭木は赤い実のなるものがいいです。冬には葉っぱが落ちたほうが良いです。

北西の木はこんもりと丸くつくることです。ツゲなどだったら、枝ぶりを丸くしてあげても仕事運、事業運は上がります。ご主人の仕事運が落ちてるなと思ったら、こんもりと丸く剪定するといいでしょう。

南西にはなだらかなラインの植木を。なぜ平にしないのかというと、この波形が龍脈を生み出す山並みを示しているからです。

エントランスにはなるべく華やかなその方位にあった色の花、例えば南西なら黄色や紫などの花が咲くアプローチをつくってください。

【作成日:2012年5月11日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事