外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 風水ガーデニング

風水ガーデニングで幸運を授かる方法

幸運を呼び込む庭づくりと家づくり(風水と開運)

 幸運を呼び込む庭づくりが、「風水ガーデニング」です。きれいな花や緑を植えて、楽しむだけでなく、住む人に吉運をもたらすのが庭の大きな価値です。ここでの情報を参考に、開運をもたらす風水庭づくりをして、花や木とともに幸せなって欲しいです☆

庭づくり(ガーデニング)は開運のアクション

 風水は大地の中に宿るパワーを考える学問です。風水では大地のパワーの入れ物である家をより生かすために、庭づくりをせよと教えています。つまり太陽の光と風と大地のパワーを十分に吸収し、開運をもたらすのが庭のパワーということです。


風水とは?

風水ガーデニングで幸運を授かる方法

 その発祥は相当に古く、古代中国、漢の時代までさかのぼります。統計と確率の得意な古代中国の人々は、それまでのデータを分析しながら、都市づくり、家づくりのノウハウを確立してきました。そして、大地の吉凶を問う理論として成長してきたのが風水です。

 日本には仏教と同じ頃に中国から伝わり、貴族や武士たちのあいだに用いられ、遷都や寺院の建築などに応用されました。京都、鎌倉、江戸の町づくりは風水で行われたという記録が残っています。

 基本は太陽や大地をはじめ、地球上すべてのものにパワー(気)が宿っているという考え方です。このパワーを利用すれば、誰だって幸せになれると考えています。身の回りにあるすべての環境を開運の為に使うという、とても前向きな考え方によって支えられています。


陰陽とは?

 風水は陰と陽のバランスを大切にする学問です。陰が悪くて陽がよいと言うことではありません。すべてのものには陰と陽のパワーがあり、例えば方位で考えると、東や南が陽の方位で、北や西が陰の方位です。

 色でいうと、暖色系が陽のパワーで、寒色系が陰のパワーをあらわします。素材ですと、鉄やコンクリートなど無機質は陰で、木や畳など自然なものが陽です。


【作成日:2012年5月8日】



関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事