外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 芝生の庭 » まき芝のやり方

まき芝・植え芝のやり方|時間はかかるが経済的な芝張り

まき芝・植え芝とは?

暖地型の増やし方には「まき芝」という方法もあり、「植え芝」とも呼ばれています。生長の早いティフトンシバでよく用いられますが、コウライシバでも少なくありません。

最適時期は春

まき芝
まき芝の芝張り方法

張り芝と同様に生長する直前の春5月から6月ごろが最適です。ティフトンシバは生長が早いので、1~2ヵ月で密生します。秋では芝生になるのにより時間がかかってしまいます。


張り付ける場所

芝生が育つ環境を整えることも大事です。日当たり、水はけ、風通しをチェックします。芝を植え付けた後から、庭の構成を変えることは大変な作業になります。最初の段階で花壇や庭木を植える場所など、どんな芝庭をつくりたいかをはっきりさせることが大切です。


土づくり

まき芝

雑草や石ころを取り除き、全体をよく耕します。しっかり床面土を平らにしなければ、芝生面に凹凸ができてしまうので気をつけてください。


芝まき

  1. 芝片を小さくほぐして均一にばらまきます。苗が重ならないように注意します。
  2. 芝と土がよく密着するように、スコップの背や板などでたたきましょう。
  3. 目土は苗が少し見えるくらいに均一にまき、もう一度スコップでたたきます。
  4. 最後はたっぷり水やりをします。特にティフトンシバは乾燥すると育たないので、植えた当初は注意して水分を与えます。
  5. お疲れ様でした☆

まき芝は時間がかかる

まき芝

芝面積に対して芝の量が少ない場合はまき芝の方法をとります。経済的ですがほぐした芝が一面緑になるのには時間がかかります

まき芝は、芝生の周辺に伸びすぎてしまったりした芝をほかの場所に移し、再利用するときにも適した方法です。芝を無駄にすることがなく利用できるのがうれしいです。

【作成日:2008年8月16日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事