外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 芝生の庭 » 芝生の張り方(張り芝)

芝生の張り方|張り芝は最も一般的で簡単な芝張り

最適時期は春先

芝生、張り芝
キレイに芝生を張り終わった状態

芝の植えつけには前もって日当たり、風通し、土壌、排水状況を確認し、芝の育つ環境条件を整えることが大切です。また、芝の植えつけは張り芝による方法が一般的で、適した時期に植えます。コウライシバとノシバに用いられる芝張り方法です。

最適時期は春先

芝生、張り芝
買ってきた芝生

張り芝を行う時期は真冬と真夏を避ければいつでもかまいませんが、芝が生育する適温期の直前3月から4月ごろの春先が最適です。根の活動が活発になり始め、蒸散が少なく、芝の痛みが最も少ない時期だからです。

5月以降に張る場合は、気温が高くなりますので、根付くまで水やりを頻繁にし、乾燥させないことが大切です。


張り付ける場所

芝生が育つ環境を整えることも大事です。日当たり、水はけ、風通しをチェックします。芝を植え付けた後から、庭の構成を変えることは大変な作業になります。最初の段階で花壇や庭木を植える場所など、どんな芝庭をつくりたいかをはっきりさせることが大切です。


土づくり

雑草や石ころを取り除き、全体をよく耕します。この時に、1平方m当たり油かす150g、リン酸分の多めな化成肥料100g、ピートモスかバーク堆肥、牛糞堆肥などを一緒に入れます。

日本の土壌は一般的に酸性がきついので石灰を混ぜて弱酸性にする必要があります。これらをよく土に混ぜ、平らにします。ここでしっかり床面土を平らにしなければ、芝生面に凹凸ができてしまうので気をつけてください


芝張り

1.芝を植える床面を平らにする

芝生、床面を平らにならす

2.芝生を丁寧に並べていく

芝生、芝生を並べる

3.半端なすき間は切って張る

芝生、切って張る

4.張り終えたらスコップの背でたたく

芝生、スコップでたたく

5.目土をふるって入れる

芝生、目土を入れる

6.目土が均一になるようにならす

芝生、目土をならす

7.目土は芝が少し隠れる程入れる

芝生、目土入れ後

8.最後に水をたっぷり与える

芝生、水やり

目地張りについて説明

ノシバやコウライシバは一定のおおきさに切って販売されているのでこれを張り付けます。ここでは一般的な目地張りについて説明します。

  1. 苗と苗のすき間を2cmほどあける方法なので、芝生面積の80%ほどの芝苗を用意します。
  2. 切り芝を並べていくと大きさが同じなので半端なすき間ができます。その時はその大きさに合わせて芝を切ります。
  3. 芝生が一列に並ぶようにひもなどを張るとよいでしょう。
  4. 張り終えたら、芝と土がよく密着するように、スコップの背や板などでたたきましょう。
  5. 芝の葉が少し見えるくらいまで、2mmほどの目土をまきます。
  6. 目土の量が均一になるようにならします。生育がまばらになるのを防ぎます。
  7. 最後はたっぷり水やりをします。目土が流れないように注意します。
  8. 芝張り後は新しい根が発生するまで1ヶ月ほどかかります。新しい目が土壌にしっかりと張り付く3ヶ月間は芝生を踏まないようにしてください。
  9. お疲れ様でした☆

芝を張る時のポイント!

芝生、水やり

切り芝を張る時に、目地が十文字にできると雨で目土が流れやすくなるので、この張り方は避けましょう。

また傾斜地では、土を十分に転圧し、等高線に沿って芝を張ることや、芝がずり落ちないように竹串などを打ち込み固定することが大切です。

平坦地であっても、芝張りの後走り回ったり、乱暴に歩くとせっかく張った芝がずれるので、静かに歩くようにしましょう。

【作成日:2008年8月16日|更新日:2008年9月2日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事