外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 芝生の庭 » 芝生を植える庭の条件

芝生を植える庭の条件|日光が当たることが最大の条件!

芝生が育ちやすい庭の条件

美しい芝庭をつくるには、その地域の気候、、気温、土壌に適した種類の芝生を選ぶことが大切です。そして芝がうまく生長できる環境をつくり、手間をかけて管理することが必要となります。

暖地型芝(コウライシバなど)の適性地

芝生、条件、庭
芝生が育ちやすい庭

暖地型芝が生育するのに適した温度は24~35℃、生育が停止するのは10℃以下です。日本では関東より南の地域がこの適温に達しているので、コウライシバなどを使うとよいでしょう。

この種の芝は、夏の間に旺盛な成育をし、生育が停止する冬の間は休眠し、枯葉色になります。日本芝の種子は稔実性が低いので、種子で増やすことができず、匍匐茎で繁殖します。


寒地型芝(西欧芝など)の適性地

寒地型芝の生育適温は10℃~24℃、生育が停止するのは5℃以下と25℃以上です。北海道や東北の一部がこれに該当する地域となるので、寒地型西欧芝を使うとよいでしょう。高温多湿の地域では生育が難しくなります。


日当たりについて

芝生、条件、庭

芝生の生育に最も重要なのが日照です。もちろん1日中日が当たるのが理想ですが、特に午前中のやわらかい日光が5時間当たるということが重要になり、少なくとも半日以上は日照が必要となります。しかし、西日はできるだけ防ぎたいものです。

芝の芽が密生すると、美しい芝生になるのですが、日当たりが悪いと芽数が増えないので、どうしてもまばらな芝生になってしまいます。そのため植え込みの陰になる芝生は注意が必要です。


風通しについて

風通しもとても大切なことです。風通しが悪いと、どうしても病害虫が発生しやすくなります。風の通りをよくするように、植栽や塀などを工夫するとよいでしょう。


土壌について

芝生、条件、庭

芝の生育を妨げるものに加湿があります。雨が降ると水がたまったり、水はけの悪い場所では芝の生育は難しくなります。排水をよくするために勾配をつけたり、雨水桝をつくったり、水はけのよい土を運び入れたりするなどの処理が大切です。

芝の根は20~30cmぐらいの深さまで伸びるので、少なくとも20cmの深さまで土を入れるようにします。また、砂やビートモス、バーミキューライトといった土壌改良剤を混ぜるだけども効果があります。芝を植えた後では、芝生面に傾斜をつけたり、地中に排水管を埋めたり、土の改良をしたりすることなどは手間がかかります。最初に十分手間をかけることが大切です。


敷き石や飛び石で通路

芝生、飛び石
敷石で芝生を守る

日本芝は比較的踏圧に強いのですが、踏み方が激しいと葉や茎が擦り切れ、枯れてしまうこともあるので、よく利用する通路(物干し台の近くや物置への通路)では、あらかじめ敷き石や飛び石で通路を作るとよいでしょう。

頻繁に通る場所には前もって、肥料を施し、踏圧に耐えられるように芝生の再生力をつけてあげます。芝の痛みがひどく、再生しない場合は張り替えることをすすめます。

【作成日:2008年8月15日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事