外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 芝生の庭 » 芝生のエアレーション

エアレーションとは?芝生の地中への通気

エアレーションとは?

芝生、エアレーション、空気、地中
土の中へ空気を送る作業

エアレーションとは芝生面に穴をあけることで、それにより地中への通気と水の浸透を促すと同時に、あけた穴に新しい目土を入れることにより、芝の根や茎を発達させ密生した芝生をつくります。

芝は一度張ると、耕すことができないので、地中に空気を送るために穴をあける作業を必要とします。専用の道具では、ローンスパイク、パンチ、ホークがありますが、食器のフォークなどでも代用できます。

穴は10cm間隔で、深さは5~10cmぐらいにします。適期は寒地型の芝(西欧芝)が3~4月と6~7月頃、暖地型の芝(コウライシバ)は4~5月と7月頃に実施します。1年に最低1回はこの作業をすると芝の美しさが維持できます。

エアレーションの意義

芝生、エアレーション、空気、地中 芝生、エアレーション、空気、地中

芝生は密生して生育するので、芝の根がからみ合ったり、土が踏み固められると、地中の通気が悪くなります。このまま放置しておくと、根が悪くなり、茎葉の発育が悪くなります。

土が固くなると水が浸透していかないので、地中部分に水がたまってしまいます。水やりをしても地中に染み込まず、葉や茎が腐る原因にもなります。

芝生面に穴をあけて、からみ合っている根を取り、新しい土を入れて、通気や水の浸透をよくすることが必要になります。


目土入れ

芝面に穴をあけたら、そこにトンボなどを使って目土をすりこませるように入れます。こうすると、少しでも土の更新ができ芝の根が活性化されます。

夏はコウライシバの生長期で茎や葉が密生しており、目土入れがしにくいので芝刈りをしてから行います。


【作成日:2008年8月26日 2009年5月28日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事