外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 芝生の庭 » 芝生の病害虫対策

芝生の病害虫対策|薬剤を使うのが効果的で使用に注意!

虫の被害には薬剤を使う

芝生に異常が発生した場合、人為的でなければ病気によるものか虫の食害によります。これを解決するには、薬剤を使うのが効果的です。病状や被害に応じた薬剤を選び、周囲の環境に配慮します。

病害虫が出ない環境づくり

病害虫、芝生
病害虫の発生に注意!

コウライシバなどの日本芝は、比較的病気に強いとされています。芝生がひどい被害にあっているのを目にすることは、実際にはあまりありません。芝が傷んでいたりはげているのは、むしろ人為的な要因であることが多いのです。

見た目には病気で傷んでいるのか管理が悪くて傷んでいるのか素人には区別が難しいです。まず考えなければならないのは、それが人為的や生理的にもたらされたものかどうかを見極めることです。いずれにも適合しないときにはじめて病害虫の影響を考えます。

病害による被害に効果的な薬剤が出回っていますが、一番の予防は、病害虫の出にくい環境をつくることです。日当たり、排水、刈り込み、水やり、施肥に配慮し、芝生が丈夫に生育する環境をつくることが、病害虫を寄せ付けません。また、被害を早く見つけて対処することも大切です。


病害の種類

# 特徴 殺菌剤
さび病 肥料が不足すると初夏や秋口に発生しやすくなり、葉に赤い斑点がつく オーソサイド
グラステン水和剤
春はげ病 春先に葉が出ず、一部分がはげたような状態になる オーソサイド
グラステン水和剤
葉腐病
(ブラウンパッチ)
6月下旬から9月下旬にかけて西欧芝に発生し、直径10cmの円形に枯れる マンネブダイゼン
グラステン水和剤
斑点病 おもに西欧芝で発生し、葉にシミのような模様が現れ、枯れてしまう オーソサイド
ロブラール水和剤
雪腐病 降雪地帯にしか発生しない。雪解け後芝生がなくなったようになる。一度発生すると毎年発生するので根雪が降る前に、対処する クリーングラス水和剤
グラステン水和剤

病害図鑑

さび病
病害、さび病
春はげ病
病害、春はげ病
葉腐病:ブラウンパッチ
病害、葉腐病、ブラウンパッチ
雪腐病
病害、雪腐病

害虫の種類

# 特徴 殺菌剤
コガネムシ類 成虫は夏の夜に飛来し、地中に卵を産みつけ、幼虫は地中の根を食べる カルホス乳剤
スミチオン乳剤
シバツトガ 幼虫が夜活動し芝の葉を食べてしまう ダイアジノン乳剤
ディプテレックス乳剤
スジキリヨトウ 夜行性の幼虫が葉や茎を食い荒らす カルホス乳剤
スミチオン乳剤

害虫図鑑

コガネムシ類
病虫害、コガネムシ
シバツトガ
病虫害、シバツトガ
スジキリヨトウ
病虫害、スジキリヨトウ

殺菌剤、殺虫剤の使用方法

注意しなくてはならないのは、周囲の植物に薬品がかからないようにし、風のない日や散布後に雨が降らない日を選びます。目に入ったり、皮膚に付いた場合は速やかに洗浄することが大切です。

散布器具は、使用前後に中性洗剤と水でよく洗っておきます。除草剤を使用する際に注意事項をよく読み、散布後の保管にも気をつけることを心がけましょう。子供の手の届かない安全な冷暗所に整理整頓しておくことが必要です。


【作成日:2008年8月26日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事