外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 温室植物 » オンシジウム【洋ラン】

オンシジウム【洋ラン】約400種があり園芸種が多数存在

オンシジウム|学名Oncidium

オンシジウム、洋ラン オンシジウム、洋ラン

分類

ラン科オンシジウム属

約400種が存在しており、その種間交雑による園芸種が多数存在する。


原産地

中南米から南アメリカに広く分布する


特性

常緑多年草。変化に富んでおり、大きさも小形から大形まであり、着生、地生、岩生もある。

偽鱗茎は卵形や扁平まで、1~3葉を頂生する。

花茎は偽鱗茎の基部から出てきて、花を総状または円錐状につける、花数や花色、大きさは様々である。


用途

コンテナ


育て方・栽培のポイント

生育期間である春から秋にかけては、半日陰で管理する。乾いたら水やりを行う。

冬は日光に当てて水を控え、極度な低温にならないよう、温室または室内で管理する。

オンシジウム、洋ラン オンシジウム、洋ラン オンシジウム、洋ラン オンシジウム、洋ラン

【作成日:2012年12月12日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事