外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 庭づくり » 真佐土(まさど)

真佐土(まさど)は水たまりができにくく、雑草対策に最適です

 天然土を使用した透水性舗装材です

真佐土、雑草、対策

 特徴:水たまりができにくく、雑草の生育を抑え、除草の手間を軽減します。

 デザイン:天然土ならではの質感が、住宅や植栽と美しく調和します。

 施工が簡単:敷き均し後は、散水作業だけの簡単施工。

 ほこりが出にくい:防塵材の配合でほこりが出にくくしています。

 アプローチや庭に施工できます

真佐土、雑草、対策 真佐土、雑草、対策 真佐土、雑草、対策

 歩行者用舗装材ですので、車などの重量物を乗せたり、カースペースなど、車の出入りする場所には使用しないでください。


 真佐土の施工手順

 施工はなるべくその日のうちに全て終わらせてください。色ムラが発生するおそれがあります。終わらない場合は縁石、レンガ、タイルなどを使って区切るような対応をしてください。

(1)下地の施工 (2)材料の敷設
真佐土、雑草、対策
 クラッシャーラン(砕石)を転圧し締め固めた、平らな砕石路盤としてください。下地路盤には排水勾配をつけ、路側には側溝などを設けてください。
真佐土、雑草、対策
 本商品をレーキやコテを使って、平らに敷きならしてください。
(3)表面の仕上げ (4)一次散水
真佐土、雑草、対策
 毛先のやわらかいブラシなどで表面を軽く掃いてください。
真佐土、雑草、対策
 噴霧器を使い、表面が湿り、材料が流出しない程度の散水を行なってください。
(5)二次散水 (6)養生散水
真佐土、雑草、対策
 一次散水後、2 - 3時間経ってからジョロなどを使用して二次散水を行ないます。散水は水がゆっくりしみ込むように行なってください。
真佐土、雑草、対策
 施工翌日、同様に散水を行ない、湿った状態を保ってください。硬化するまでは、絶対人が進入しないようにして養生を行なってください。

 真佐土の補修について

 落下物による穴やクラック(ひび割れ)が舗装面に発生した場合は、下記の要領で補修を行なうことができます。

 本商品はセメント製品ですので、補修を行なった部分と既設部分の色ムラを生じることがあります。


 クラックの補修

■ 本商品がクラックに入っていくように、コテや手のひらを使って、すり込んでください。

■ 材料をすり込み終えたら、ジョロにより散水を行なってください。

■ 表面が十分に乾燥するまで養生を行なってください。


 穴の補修

■ 補修部分を湿らせた後、本商品にて穴を埋め、補修表面が舗装面と同じ高さになるようにならしてください。

■ 穴埋め後、噴霧器により一次散水を行なってください。

■ 表面がある程度乾いたら、シュロホウキなどで表面を掃いて仕上げ、二次散水を行なってください。


 上記の補修方法で対処できない場合

■ コンクリートカッターなどで破損部分を切除してください。

■ 既設補修材と同じ工法にて、切除部分の舗装を行なってください。

【作成日:2012年7月27日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事