外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 庭づくり » ライトマジックでロマンチック

ライトマジックでロマンチックに!夜の庭も楽しみたい人に朗報

ライトを使った庭
庭にライトを使うとロマンチックな空間に変身!庭の違った楽しみ方を紹介します

 夜の庭を楽しむライトアップ

庭の表情は昼と夜とでは違います。夜の庭を積極的に楽しむには、ライトアップを上手に計画する必要があります。門まわりにはもちろん門灯がつけられますが、アプローチの庭にも実用と観賞のために、ライトを多く使うといいでしょう。帰宅したときに、玄関まで導いてくれる明かりがあると、自分の家に帰ってきたという安心感が湧いて、ホッとします。

明かりは、小さなものを多く使ったほうが効果があります。ライトの色は蛍光灯でなく、白熱灯、オレンジの電球色に限ります。温かみがあり、太陽が沈む夕陽を連想させてくれます。

 ライトアップのコツ

ライトアップした庭
小さいライトをたくさん使ったり、植栽を活かしたりテクニックはたくさんあります

庭を昼間しか見ないというのはもったいないことで、夜もライトを上手に使うことで、違った雰囲気を楽しむことができます。庭全体を昼間のように見せるということではなく、部分部分で、強調したい所を照らして、昼間とは違った景色を美しく見せる。これがライトアップのコツです。


 植栽を活かしたライトアップ方法

昼間は気がつかなかった株立ちの木の素晴らしさを、明かりによって光と陰をうまくつくり出し、シルエットを庭のところどころに映してみてはいかがでしょうか?

太い樹の幹の後ろに明かりを置くと、幹の両脇から光が漏れて、昼間には見られなかった木の存在を知るでしょう。後ろの闇が深くなると、庭も広く見えるものなのです。


 小さな明かりを使って、ロマンチックな空間を作る

庭には、小さな明かりを多く使うことをおすすめしています。それによって、庭の構成が分かるのです。明かりを追っていくことによって、どのような庭であるのか知ることができます。

庭の中の照明は、庭を生活の場として利用するときに効果的に楽しむように考えます。つまり、テラスやデッキなどで食事をするとき、縁側で花や月を見るとき、庭の隅でバーベキューをするときなど、季節によって色々楽しみ方があるでしょうから、さらに、その効果があるようにセットしてはいかがでしょうか?電気だけでなく、キャンドルもあわせて使うと、ロマンチックな雰囲気が出ること間違いなしです。


 どこにライトを設置すればいいの?

ライトを庭に設置
ライトが植栽や地面に隠れたりして、間接的に光を当てるように工夫しましょう

 地中にライトを埋めてみる

直接、ライトが見えるのもいいのですが、次のようなアイデアはいかがでしょうか?地中にライトを埋めて、庭の奥にボンヤリとした明かりを作るのです。石を積み重ねた中にライトを置けば、その間から漏れてくる光は、ある種のアート作品に見えることでしょう。瓦の間からの明かりや、何本かの柱状の石の間からの明かりも、面白いのではないでしょうか?


 あっちこっち移動させる

ライティングによって庭の表情が変わります。そのために、ライトも固定しないで、たまには移動して、風景を変えて楽しんではいかがでしょうか?土に挿すだけの照明を選んで、あちこちに設置したり移動させたりすることができます。


 建物の壁にスポットライト

また、庭全体を明るくするために、庭園灯とは別に、建物の壁にスポットライトを取付けることをおすすめしています。夜間は室内に電気をつけておくと、窓や引き戸のガラスは鏡のようになって、庭が全く見えなくなります。そのようなときに、スポットライトを使うと、庭が浮き上がるように見えることがあります。このように使い分けてみると、今の庭を何倍も楽しむことができるでしょう!


 ロウソクを使った幻想的な明かりを演出

ろうそくを使ってみる
風に揺れるキャンドルの炎は幻想的...心も落ち着いて癒しのアイテムでもあります

庭は生活を楽しむ場として使うべきです。狭い庭であったら、思い切ってデッキを広くとって、境界に生け垣の木が植えられるくらいの空間を空けるだけにします。このようにしたほうが、狭い庭を窮屈に使うよりも、よほど有効に空間を生活の一部として使えるでしょう。

このデッキで季節さえよければ、ディナーやパーティーが楽しめます。そういうときのライティングはキャンドルが最適です。よく映画でおしゃれに決めてますよね?風に揺れる炎は、落ち着きのある雰囲気を作ります。一点の炎というのは、気分が楽になる効果があるのです。アンティークなキャンドルスタンドなどを使えば、なおいっそう、素敵な夜のひとときが演出できるというものです。

最近は色々な種類のキャンドルが売られています。見て美しいもの、香りのあるものなどがあり、雰囲気づくりに使いこなしてください。


 外国に学ぶライティングテクニック

ライティングテクニック
外国の人はキャンドルの使い方がうまいです。ぜひその技を盗んでみましょう!

今や庭の明かりは、単に安全のためではなく、生活を楽しむひとつの手段としてうまく使いこなせば、感動的な美しさの発見につながるだろうと思います。食事や語らいの場をよりいっそう効果的に、楽しい雰囲気に満ちた空間とするには、照明は大きな役割を果たします。

外国の人はライトの使い方が上手です。小さなライトを壁に当てたりして、自分の部屋のライトアップにうまく間接照明を使っています。生まれた環境がそうさせるのか、雰囲気づくりが上手なので、これは見習うべきです。。たぶん、教会などでイベントや集まりがあり、そこにろうそくをよく使うことから、この風習があるのだと思います。教会の壁にろうそくが並べられているのを、テレビで見たことがみなさんありますよね?。


 ライティングの楽しみ方

ライティングの楽しみ方
毎日の仕事に追われるのではなく、ゆとりのある生活をしてみませんか?

 たまに庭の照明をがらっと変えてみる

生活のライティングを外部まで延ばして楽しむことを考えましょう。浴室の照明も工夫して使えば、よりいっそう疲れを癒す場になるのではないでしょうか?一年に何度か、庭の照明を変えて、雰囲気をがらっと変えるのも楽しいです。生活を楽しむ手段として、巧みに照明を利用しましょう。


 日本の美に欠かせない「陰影礼賛」とは?

日本では、古くから茶の露地に灯籠を置いて、実用と景色を楽しんできました。元々は神前に献灯という目的で置かれたものが、庭の照明として使われ、一層趣をつくり出しています。日本の美に陰影礼賛(いんれいらいさん)という概念があります。これは、照明のうまい使い方は「陰をつくる」ということです。明るい所とくらい部分が庭の奥行きを感じさせるのです。


 明かりの弱いライトを数多く使おう

ひとつの強いライトより、数多くの弱いライトを使って照らしたほうが趣が出ます。庭のデザインが分かるような使い方をしましょう。例えば、アプローチライトも20ワットくらいのものを3~4mおきに置いて、玄関まで明かりのラインを作ると、美しく、心温まることでしょう。

庭づくりのときに、余分なコンセントや電源を用意しておけば、庭の工事が終わってからも、照明計画はできますから、もう1つの庭づくりをぜひ試してみてください。


 ゆとりのある生活をしてみませんか?

屋外に素敵なライティングをするということは、住む人が楽しいだけでなく、道行く人や近隣の人たちにとっても、心地よいことだと思います。特別なときだけでなく、普段も明るくしておけば、防犯上も効果的で、庭や住まいの演出ができます。これが近隣の街並を豊かで、趣のあるものにするでしょう。

【作成日:2013年3月6日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事