クローバーガーデン「庭づくり専門会社」のマスコット

外構・庭づくり専門会社|埼玉県さいたま市と川越市が中心|ガーデニング・エクステリア・ブロック塀の工事やリフォーム

クローバーガーデン、庭づくり専門会社のロゴです

竹垣の種類|腐りにくく長持ちする、人工竹垣がおすすめです

人工竹垣がおすすめ
天然の竹もいいですが、アルミでできた人工竹垣のほうが長持ちします

 竹垣とは?

垣根には植木を使った生垣、竹を利用した竹垣があります。竹垣の発祥はとても古く、その昔は単に竹の枝葉を利用したものから始まっています。丸のまま、割り竹にして使うものから、時代が新しくなるとともにデザインに工夫がされ、様々な竹垣が生まれてきました。


 竹垣の種類

竹垣には、まったく外部から見えなくするための遮蔽垣(しゃへいがき)と、向こう側が見える透かし垣があります。


 遮蔽垣(しゃへいがき)

丸竹や割り竹を使って、垣の間が透けていないもので、敷地の外囲いに使われます。また、庭の内部でも、浴室前や柵、目隠しを必要とする場所に作られます。目隠しには最適です。

建仁寺垣(けんにんじがき) 御簾垣(みすがき)
建仁寺垣の竹垣
割り竹を縦に使い、押し縁、笠をつけたもの。最もポピュラーな竹垣です。
御簾垣の竹垣
細い丸竹を横に使ったもので、両面から見られます。構造も簡単で、よく作られます。
桂垣(かつらがき) 大津垣(おおつがき)
桂離宮の桂垣
本来の桂垣は、京都・桂離宮の外周の生きた竹を折って垣根としたものをさすのですが、通常竹穂垣を桂垣と呼んでいます。手間ひまのかかる、作り方が難しい高級な竹垣です。
大津垣の竹垣
割り竹を立子とし、胴縁には同じように割り竹を使い、そこに交互に差し込んでいきます。高さが自由になるので便利です。
木賊垣(とくさがき) 網代垣(あじろがき)・沼津垣
木賊垣の竹垣
竹を縦に並べて用いた姿が庭に植わっている木賊のようだ、ということからこの名がつきました。太めの竹を半割りにしたものを使います。多くは釘どめしますが、シュロ縄を掛けて見どころとします。
網代垣の竹垣
割り竹や篠竹を斜めに編み込んでいくもので、沼津地方では箱根竹を使ってこの垣根を作ったので、沼津垣の名前があります。割り竹を使ったものは、見栄えもするし、持ちも良いのです。

 透かし垣

垣の間が空いていて、透けて見えるもので、内垣として仕切りや背景などに用いられます。

四つ目垣 金閣寺垣
四つ目垣の竹垣
最も簡素な竹垣ですが、味を出すのが難しいです。茶庭にはつきものの垣根で、仕切り垣としてよく作られます。
金閣寺垣の竹垣
京都の金閣寺で作られているのを本歌とします。低い垣根ですが、太めの竹を使って力強さを見せるのが特徴です。
竜安寺垣 光悦寺垣
竜安寺垣の竹垣
金閣寺垣と同じように低い垣根で、矢来垣に笠をかぶせたような形式です。
光悦寺垣の竹垣
最も特徴ある垣根です。矢来垣に太い玉縁をかぶせた形式で、曲線を強調したものです。本阿弥光悦の苔堤寺、光悦寺を本歌とします。

 その他の竹垣

袖垣
袖垣の竹垣
今までに紹介した竹垣の意匠を利用して、建物に近く、短く作ったものを袖垣と呼びます。庭と建物の見切りとしての役割を持っています。色々凝った作りのものがあります。

 竹垣の作り方

竹垣の作り方
竹垣を作れる職人も減ってきています

竹は寒い時期に切ったものでないと、虫が入りやすく、すぐにダメになってしまうので注意しましょう。笠をつけたりして、雨から守れば7年くらいはもちます。また、防蟻剤を塗るのもひとつの方法です。

使い前には必ず水洗いします。買ったままでは土の汚れがついていますので、きれいには仕上がりません。一番細い金属メッシュブラシで、軽くこすって洗ってください。

竹を細工するときは、必ず「節どめ」にします。節の近くでスパッと切って、見栄えよくします。

竹の先、細いほうを「末」、根元のほうを「元」と呼びます。今でも東京の植木屋さんは、先のほうを「裏っぽ」と呼びます。「末」と「元」をしっかりと使い分けましょう。


 竹垣の決め方

どこに、どのような竹垣を作るかは、場所によって決めます。やはり、竹垣にも真、行、草的な格付けがありますから、それからあまりはずれたものではおかしくなります。本筋は守りながら、少し崩して作ることはままあることで、それによって、その雰囲気になじむ、ということになります。


 当社ではアルミ製品をおすすめしています

アルミの人工竹垣
最近はアルミでできた人工竹垣が、種類も豊富でたくさんあります

当社では、竹垣を施工したい人にはアルミ製品をすすめています。上で紹介した写真はすべて人工竹垣(桂垣のみ本物)で、本物とそっくりに仕上がっています。雨や日差しに強いので腐りにくく、色あせにくいです。天然竹の美しい質感、表情を徹底的に再現していて、京都の職人技を受け継ぐ最高の竹垣となっています。

≫和風の竹垣【エバーバンブー】の詳細はこちら

【作成日:2013年3月4日】


関連ページ

スポンサーリンク

お問い合わせ
ページ上部へ戻る