外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 外構 » 駐車スペースを増設したい!

駐車スペースを増設したい!子供が免許を取得した家庭によくある話

駐車スペースを増設したい

Q 駐車スペースを増設するリフォームがしたい

子供が免許を取得し、車をもう1台購入することにしました。現在、1台分の駐車スペースしかないため、リフォームを考えています。大切にしてきた庭もあまり壊したくないのですが、良い方法はありますでしょうか?

 駐車スペースの増設パターンは4つ

玄関前・駐車場リフォーム
玄関・駐車場リフォーム
30万円 5日間
自転車置き場リフォーム
自転車置き場リフォーム
20万円 2日間
新築,施工例,外構,エクステリア
自由自在なカーポート
230万円 3週間

外構のリフォームのきっかけで一番多いのが、今回のような駐車スペースの問題にぶつかったときです。駐車スペースを1台増やすと言っても、その方法はたくさんあります。ここでは、代表的な4パターンを紹介します。

現状の駐車スペースは、バックで車を入れる一般的なパターンとしてみましょう。お隣さんとの境界部に駐車スペースがあり、その反対側に門まわり、玄関へと続くアプローチがある外構をイメージしてください。


 縦に2台並べる

既存の駐車スペースの奥に増設する方法です。庭は最大限に確保できますが、手前に車があるときは、奥の車が出られない欠点があります。門まわりは現状のまま使えるので、工事費は安く済みます。


 横に2台並べる

横に2台車を並べる、最も基本的な増設方法です。屋根が2台分欲しい場合は、一番無難なパターンと言えます。しかし、庭の一部が駐車スペースと門まわり、アプローチなどかなりの部分が犠牲になるケースが多いです。


 もう1台は道路と平行に並べる

道路に対して1台を直角に、もう1台を平行に停める、いわゆるL字型駐車になります。どうしても駐車スペースが確保できない場合は、思い切って門まわりを無くして、オープンスタイルにリフォームするのもひとつのアイデアです。


 思い切って別の場所に増設

思い切って現状の駐車スペースと関係なく、別の場所に増設するパターンです。この場合だと、門まわりやアプローチを壊すことなく、庭のみが犠牲になるシンプルなパターンとなります。デザインをあれこれと考える必要もなく、予算的にも一番安くなる可能性があるパターンだと思います。


 他に駐車場を借りた方がいいと思っているあなたへ!

新築,施工例,外構,エクステリア
自由自在なカーポート
230万円 3週間
新築,施工例,外構,エクステリア
車2台大型ガレージ
200万円 3週間
玄関前・駐車場リフォーム
玄関・駐車場リフォーム
30万円 5日間

家の近くに駐車場を借りる手もあります。その場合は工事費と駐車料金との差を計算し、検討する必要があります。例えば埼玉県のさいたま市郊外を例にとってみると、平均の駐車料金は月額6.000円、1年で72.000円、10年で720.000円になります。720.000円あれば、先ほど紹介した4パターンのどれもが可能だと思います。思い切ってカーポートをつけることもできます。300.000円もあれば立派なカーポートがつきます。

駐車場が遠くにあると、誰がそこに車を停めるのだと家族会議になりますね。もちろん可愛い娘のために、父親が遠くに停めるハメになるのは分かりきっています。駐車料金を払うのももちろん父親です。雨の日も風の日も、自転車に乗ってまで、遠くの駐車場に行かないといけないこともあります。男はつらいよ...

愚痴っぽくなってしまいましたが、今は新築で駐車スペースを2台確保することが当たり前となっています。女性もほとんどが免許を取得する時代です。昔のように1家に1台ではなく、少し余裕があれば、1人1台なんてこともあります。駐車スペースは、いつの時代も頭を悩ませるものです。

【作成日:2013年2月10日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事