外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 外構

外構とは? = 答え:家の外まわりのこと

外構とは? = 答え:家の外まわりのこと

外構とは家の外まわり全体のことを指し、門・庭・駐車場・アプローチ・囲いなどが含まれます。建物だけでなく、デザイン豊かな外構工事も増えてきています。

外構の意味

外構とは、一般的に「家の外まわり」の事を指します。主な施設は、門まわり・駐車場まわり・アプローチまわり・庭まわり・囲いなどです。

外構は住まいの空間の質を大きく左右します。居住者にとって、外構が快適な屋外空間になるためには、その環境条件(光・風・周囲の景観)の特質を活かした設計を考える必要があります。


外構工事の設計

住宅工事においては、建物および設備の配管工事等が終了してから、外構工事の設計が始まることが少なくありません。そのため、門やアプローチの位置として最適な場所に汚水ますや水道のメーターボックスが位置していたり、余裕を持って駐車場の面積が取れなかったりすることがあります。その場合、やむなく現状にあわせ、最適な外構要素の配置を行うことを断念させられることがあります。

住まいの顔である門まわりや生活の手段として必要な車のためのスペース等、重要な外構の構成要素を適切に配置・設計するために、外構工事の設計は、建物工事の設計の際に同時に行われることが理想です!


外構工事の施行例その1


外構の工事場所と主な施設

工事場所 主な施設
門まわり 門柱、門扉、門灯、ポスト、インターホン、表札、舗装、植栽、花壇等
駐車場まわり コンクリート舗装、カーポート、サイクルポート、チェーンポール、タイヤ止め、照明、植栽等
アプローチまわり コンクリート舗装、飛び石、延べ段、アーチ、照明、植栽等
庭まわり テラス、ウッドデッキ、植栽、砂利敷、芝生、花壇、坪庭、枕木、物置、物干し等
囲い(ブロック塀) 塀、タイル、レンガ、フェンス、植栽、生垣、竹垣等

これらの工事場所が、すべて組み合わされて外構が構成されます。敷地条件(敷地の方位・広さ・形状・建物の間取り・道路との位置関係)や居住者の利用目的の内容により、様々な工事要素の組み合わせは変化します。


外構空間と生活環境

外構工事への興味

日本の住まいは建物内部をより快適にすることで居住性を高め、そこが居住空間だと考えられてきました。しかし、経済の高度成長により人々の生活が豊かになり、衣・食の向上と相まって、外構工事等の空間を含めた住まいも飛躍的に向上しました。

比較的に広い敷地にゆとりのある空間(外構空間)を持ち、個性のあるデザインの住宅が増え、それに合わせて門・塀・庭には植栽、芝生等が植えられ、住まいの外構環境はよくなりました。


アウトドアリビングとしての外構

住まいも戸建住宅から共同住宅(高層マンションなど)等へ多様化が一層進んでいるのが現状です。そして、それに合わせた屋外スペース(外構スペーズ)のゾーニング(地割り)や利用方法がそこに生活する人々の健康や快適さを追求するうえで重要なポイントになっています。

住まいの多様化とともに屋外の外構空間の創造、「アウトドアリビング」としての庭や広場等を作る機運が高まってきています。こういう状況はこれからの外構工事を考える上で非常に重要です。


アウトドアリビング工事の施行例


外構工事の役割・意味

外構工事で快適な生活を作る

人々は所有する土地に対して愛着を持ち、内外にアピールするために様々な工夫と努力をしてきました。特に敷地には、頑丈な柵や囲い(門・塀)等を設け、所有件を主張してきました。また、同時にプライバシーの保護、盗難防止、防火、威厳、美観、侵入者を防ぐ等の副次的な目的もあります。

外構工事は門・塀造りだけでなく、敷地空間に機能性を持った快適な外構空間を創造しながら、人々の生活を快適かつ安全にし、安心して生活できるようにすることが第一の目的です。


外構工事の施行例その2


外構工事の費用について

外構工事は建物工事と違い費用を簡単に出すことが難しいです。建物工事の場合は坪単価などあらかじめ工事する大きさを把握できますが、外構は敷地内にある建物以外の場所なので、どこまで工事するか?どんなデザインにするかで見積もりは変わってきます。

外構工事にかかる費用は、直接外構工事業者に見積もりを依頼してから自分の予算と照らし合わせて、いくつかの外構工事業者から合見積もりをとることで分かります。新築で外構工事をやる場合は建築業者がそのまま外構工事を受け持つことがありますが、インターネットなどを使って自分で外構業者を探しても問題ありません。しかし安い費用で工事を受けいい加減な工事をする外構業者もいるので、見極めは難しいのが現状です。



【参考文献:エクステリアプランナーハンドブック(建築資料研究社)】

関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事