外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 球根植物 » サギソウ【球根植物】

サギソウ【球根植物】白鷺の羽の形が珍しく熱帯に600~800種類

サギソウ|学名Pecteilis radiata = Habenaria radiata

サギソウ、球根植物 サギソウ、球根植物

花言葉

神秘的な愛

分類

ラン科ハベナリア属


原産地

世界中の熱帯温室に分布し600~800種。

サギソウは日本の本州、四国、九州の日当たりのよい湿地。


特性

球根植物。丈は20~30cm。花期7~8月。

地下に塊茎を持ち、茎は直立し葉は互生する。葉は広線形で長さは5~10cm。

花は上部に1~5個つき、径は3cm程度。

背がく片と側花弁はフード状となり、唇弁は3裂している。白鷺(しらさぎ)の羽のように見えるものは側裂片である。


用途

庭植え、コンテナ


栽培・育て方

砂にピートなどを混ぜた用土を準備し、発芽前・休眠前に植え込む。

夏には遮光が必要で、雨除けをした方がよい。

春の生育期には十分潅水を行うが、腐りやすいので定期的に殺菌の剤散布を行う。

サギソウ、球根植物 サギソウ、球根植物

【作成日:2012年11月19日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事