外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 球根植物 » スノーフレーク【球根植物】

スノーフレーク【球根植物】9種のうち人気おすすめ4種類を紹介

スノーフレーク Leucojum

花言葉

純潔

分類

ヒガンバナ科レウコユム属

中央および地中海沿岸地方に9種認められ、春咲き種と秋咲き種がある。

アウツムナレ|学名L.autumnale 別名:秋咲きスノーフレーク

アウツムナレ、秋咲きスノーフレーク、球根植物 アウツムナレ、秋咲きスノーフレーク、球根植物

原産地

ポルトガル、モロッコからイオニア諸島


特性

半耐寒性秋植え球根植物

8月下旬から9月咲き、小球性、出葉前に花茎を伸ばし、1花茎に2~3個の淡桃色の花を咲かせる。

葉は糸状で初夏に枯れる。半耐寒性の有皮鱗片をもつ。


用途

庭植え、鉢植え


アエスティウム|学名L.aestivum 別名:スズランスイセン

アエスティウム、スズランスイセン、球根植物 アエスティウム、スズランスイセン、球根植物

原産地

オーストラリア、ハンガリー、ヨーロッパ南部


特性

耐寒性秋植え球根植物。4月上旬咲き、3~5cm径の耐寒性の有皮鱗片をもつ。

早春に葉を出し、1茎に鐘状の白くて弁先に緑点のある花を1~4花着ける。

大輪の園芸品種が主に栽培され、花期はやや遅い。


用途

庭植え、鉢植え、切花


栽培・育て方

日当たりで、水はけのよい、有機質に富む肥沃な土のところを好み、フサザキスイセンなどの早咲きのものは8~9月に、他は9~10月に植える

3~4年は据え置き、葉が混み合い花立ちが悪くなってきたら、葉の1/3ほど枯れ込む6月頃に掘り上げ、日陰で通風のよい軒下などで乾かしてから分球し、冷暗所で貯蔵。

鉢植えは、夏は日陰に置くとよい。


ウェルヌム|学名L.vernum

ウェルヌム、球根植物 ウェルヌム、球根植物

原産地

中央ヨーロッパ、フランスからボスニア、チロル


特性

アエスティウムに似るが、径2cmと小球で、花茎と葉が同時にでる2~3月咲きのわい性種。


用途

庭植え、鉢植え


栽培・育て方

日当たりで、水はけのよい、有機質に富む肥沃な土のところを好み、フサザキスイセンなどの早咲きのものは8~9月に、他は9~10月に植える

3~4年は据え置き、葉が混み合い花立ちが悪くなってきたら、葉の1/3ほど枯れ込む6月頃に掘り上げ、日陰で通風のよい軒下などで乾かしてから分球し、冷暗所で貯蔵。

鉢植えは、夏は日陰に置くとよい。

球根は、乾きすぎないようにバーミキュライトなどに埋めて貯蔵する。


ロゼウム|学名L.roseum

ロゼウム、球根植物 ロゼウム、球根植物

原産地

コルシカ


特性

通常1花茎に1個の濃い紅桃色花をつける。

9月下旬~10月上旬咲き。


用途

鉢植え

【作成日:2012年11月19日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事