外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 球根植物 » ヒヤシンス【球根植物】

ヒヤシンス【球根植物】植込は寒地9~10月、暖地10~2月が適期

ヒヤシンス|学名Hyacinthus orientalis

ヒヤシンス、球根植物 ヒヤシンス、球根植物

花言葉

静かな愛、初恋

分類

ユリ科ヒヤシンス属


原産地

シリア、イラン、小アジア


特性

秋植え球根植物


用途

花壇、コンテナ、切花・枝物


栽培・育て方

日当たりのよい場所で、排水のよい砂質壌土を好む。

球根の植え込みは寒地で9~10月頃、暖地で10~2月が適期。12~15cm間隔で、覆土は10~12cmくらいとする。

水栽培は11月頃に始める。

冬に土が凍るような場所では、干し草かオガクズで保温する。

春の開花が終わり、6月ごろ葉が黄色くなったら掘り上げ、陰干しして保存する。

増殖は分球によるが、球底部の中心をカッターで二つ割りまたは四つ割りに切り目を入れると子球がつく。3~4年で15~16cmの成球になる。

ヒヤシンス、球根植物 ヒヤシンス、球根植物 ヒヤシンス、球根植物 ヒヤシンス、球根植物

【作成日:2012年11月21日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事