外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 球根植物 » コルチカム、イヌサフラン 【球根植物】

コルチカム、イヌサフラン【球根植物】70種のうち人気3種類を紹介

コルチカム|学名Colchicum 別名:イヌサフラン

ギガンテウム、球根植物 スペキオスム、球根植物

花言葉

華やかな青春

分類

ユリ科コルチカム属


特色

ヨーロッパ、北アフリカ、中央および西部アジアに60~70種が数えられている。

主として夏から初秋植えの球茎をもつ球根植物であるが、ルテウム(C.luteum)は春咲きである。多くの種は翌春に出葉するが、花後に出葉する種もある。

アウツムナレ(C.autumnale)は、コルヒチンを取るために薬草として栽培されていたが、白や桃紫の花色、八重咲きなどの変異も多く、観賞用にも栽培されている。

20世紀の初めに、オランダで、次にあげる種などを基に多くの交配品種が作出され、今日、日本で市販されている多くは、これで占められている。


アウツムナレ|学名C.autumnale 別名:イヌサフラン

アウツムナレ、イヌサフラン、球根植物 アウツムナレ、イヌサフラン、球根植物

原産地

ヨーロッパ、北アフリカ


特性

耐寒性秋植え球根植物。

「アトロプルプレウム(紫)」、「アルブム(白)」、「ロゼウム・プレヌム(八重)」は、この園芸品種。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

日当たりで排水のよいところを選んで、8月下旬~9月上旬に植えつける。

3年くらいは植えておいてもよく、その場合は、落葉樹の下などに植えるとよい。


ギガンテウム|学名C.giganteum

ギガンテウム、球根植物 ギガンテウム、球根植物

原産地

小アジア


特性

スペキオスムの変種から独立。

交配種としては、市松模様が美しい「オータム・クイーン」、「バイオレット・クイーン」、長期間咲きの「ライラック・ワンダー」、八重咲きの「ウォーターリリー」などがある。


用途

鉢植え、庭植え


栽培・育て方

日当たりで排水のよいところを選んで、8月下旬~9月上旬に植えつける。

3年くらいは植えておいてもよく、その場合は、落葉樹の下などに植えるとよい。

6月中旬、葉が枯れ込んだら掘り上げ、通風良好な日陰で貯蔵。


スペキオスム|学名C.speciosum

スペキオスム、球根植物 スペキオスム、球根植物

原産地

コーカサス、小アジア


特性

花は淡紫桃色で、白い花筒は30cmにおよぶ。淡桃青色花で花筒が緑のものを、変種var.bornmuelleriに区分している。

「アルプス(白)」、「アトロルペンス(暗紫花)」などの品種がある。

交配種の中心となる親。机上に置き、水なしで観賞できる。


用途

庭植え、鉢植え


栽培・育て方

日当たりで排水のよいところを選んで、8月下旬~9月上旬に植えつける。

3年くらいは植えておいてもよく、その場合は、落葉樹の下などに植えるとよい。

6月中旬、葉が枯れ込んだら掘り上げ、通風良好な日陰で貯蔵。

【作成日:2012年11月19日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事