外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 球根植物

球根植物の選び方|花壇に植えるおススメの種類

球根植物とは?

チューリップ、球根植物 ヒヤシンス、球根植物

多年草の中で地下部に球状や棒状をした養分貯蔵期間をもち、それ自体、個々の植物体として生育・開花・繁殖する植物をいう。

おすすめの球根植物

春植え球根 夏植え球根 秋植え球根

非耐寒性球根植物(春植え球根)

ダリア、球根植物 春咲きグラジオラス、球根植物

原産地が亜熱帯、熱帯地方の植物であるため、春に植えつけ、夏から秋に開花、晩秋から初冬に寒害を受けて地上部は枯死する。土中の球根は放置すれば冬に枯死する。

通常、掘り上げて貯蔵する(ダリア、グラジオラスなど)が、比較的寒さに強いカンナなどの種は、株の上に盛り土しておくと越冬するものもある。


耐寒性球根植物(秋植え球根)

スイセン、ダッフォディル、キンサンギンダイ、セッチュウカ、球根植物 ヤマユリ、球根植物

秋に植え付けた球根が、土の中で冬の低温に遭遇、感応して春化され、春から生育、開花する植物(チューリップ、スイセン、ユリなど)。地上部は花後に枯死、球根は土中で休眠する、

通常、地上部の枯死後、掘り上げて植えつけ期まで貯蔵するが、そのまま掘らずに越夏、越冬させて翌春咲く種類もある。


アフラツネンセ、球根植物 テトラフィラ、デッペイ、球根植物 春咲きクロッカス、球根植物 ペルヴィアーナ、球根植物

【作成日:2012年11月1日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事