外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » ブログ » 囲い » 目隠しフェンスで隣家の視線をカット

目隠しフェンスで隣家の視線をカット!DIYの作り方も紹介

2013年06月24日 カテゴリー:囲い

今流行っています!

玄関前に大きな目隠しフェンス
Front Door|玄関前に大きな目隠しフェンス

目隠しフェンスは背の高い大型のフェンスです。隙間の開いたフェンスや、全く隙間のない完全に視線を遮るフェンスもあります。価格も1万円〜10万円以上まで様々ご用意しています。

★ ポイント

  • リビングや玄関前に目隠し
  • 風通しが必要か?
  • 完全に視線をカットしたいか?
  • 裏側ならデザイン性は必要なし
  • 自分でやるか業者に頼むか?

目隠しフェンスとは?

和風の目隠しフェンス
Japanese Fence|和風の目隠しフェンス
フロントガーデンに目隠しフェンス
Front Garden|フロントガーデンに目隠しフェンス

近年の住宅事情により、隣家との距離が少ない建物が多いと思います。特に分譲地の家を購入された方は、お隣との間にブロックもフェンスも施工できないケースもあります。目隠しフェンスは、そんな視線が気になる方におすすめの、高さのあるフェンスのことを指します。


目隠しフェンスの価格

店舗にも目隠しフェンスはいかが?
In the Store|店舗にも目隠しフェンスはいかが?
リビング前に目隠しフェンス
Front of Living|リビング前に目隠しフェンス

たくさんの種類がある目隠しフェンス。価格も1万円をしないものから、10万円を越えるものまで幅広くご用意しています。種類も和風フェンスからラティスフェンス、ルーバーフェンス、天然木を使ったウッドフェンスまで対応できます。建物に合うあなた好みの目隠しフェンスがきっと見つかります。


DIYでの目隠しフェンスの作り方

視線を完全にカットするフェンス
Hide Fence|視線を完全にカットするフェンス
庭に目隠しフェンスを設置
In the Garden|庭に目隠しフェンスを設置
家の前に一体的な目隠しフェンス
Hide Fence|家の前に一体的な目隠しフェンス

DIYで自作フェンスを考えている人がいると思いますが、作り方を少しアドバイスをします。高さのあるフェンスなので、風の影響を受けやすいので基礎をしっかり作ることが大切です。

最低でも柱の埋め込みは30cm、少し大きい穴を掘ってコンクリートをたくさん使う必要があります。倒れてケガでもしたら大変なので、下地作りはしっかりやりましょう!激安フェンスは構いませんが、激安施工は避けたほうがいいでしょう。


目隠しが必要な場所

道路からの目隠し

住まいと道路とをつなぐ部分です。建物を引き立てる部分でもあるので、ただ単に「目かくしをしました」で終わるよりは、その目かくしの方法にデザイン性を取り入れる必要があります。


庭の目隠し

「使う庭」を造るのに大切なのは、周囲を気にせず家から庭に出やすくすること。その意味で目かくしは大切です。プライバシーをしっかり確保し、多少囲われた空間の方が落ち着いて庭を使用できます。


お風呂場の目隠し

湯船につかってゆっくり庭を観賞したい場合は、完全な目隠しが必要になります。また隣地の2階窓からの視線も気になる所なので、屋根が必要になるケースもあります。


裏庭の目隠し

物置、物干し、ゴミ置場や自転車置場等、生活の外部機能を維持した空間がヤードスペースです。景観上よくない物をかくすためには、庭に溶け込ませるような違和感のない目かくしフェンスが必要になります。作業場でもあるので、動線を妨げない施しも大切です。


職人ひとくちメモ

目隠しフェンスは背が高いので、基礎をしっかり作ることが大切です。L型になればいいのですが、一直線だと風のあおりをモロに受けます。デザインがおしゃれなのが多く、切り詰め作業はかなり難しいです。


それでは、また。


合わせて読みたいブログ記事


地元を愛する職人

Web 職人のブログ
私が上の記事を書いています!


このページを読んだ人にお勧めの記事