外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » ブログ » 囲い » 塀の種類は無限大!

塀の種類は∞無限大!近所を楽しませるデザインでおしゃれオープン

2013年07月03日 カテゴリー:囲い

あなたの好みは何ですか?

ユニークな塀にして楽しもう!
Interesting Wall|ユニークな塀にして楽しもう!

塀の種類には、化粧ブロック、レンガ、タイル塀、塗り壁、竹垣、生け垣、和風などがあります。塀は低くオープンスタイルで、内側を植木や草花で緑たっぷりにし、道行く人を楽しませましょう!

★ ポイント

  • 建物や町並みを考えて選ぶ
  • 隣家で見えない場所は安いブロックで
  • 塀の内側は緑を植える
  • 塗り壁やタイル塀は高級な塀
  • オープンスタイルで施工費節約

建物に合わせた塀選び

日本家屋には和風ブロックを
Japanese Block|日本家屋には和風ブロックを
オレンジ色が美しいレンガ塀
Brick Wall|オレンジ色が美しいレンガ塀

塀の種類は千差万別!まず家を囲う周囲のブロックの種類ですが、お金をあまりかけたくないので隣家の建物に隠れてしまう場合は、普通のグレーのブロック塀とその上にメッシュフェンスを施工します。建て売り住宅の場合は、家を建てる前に工事が終わっていることがほとんどです。もし無い場合は、お隣さんと話をして折半工事にするか決めます。ここはかなり面倒ですね。

建物正面や道路に面する場所は、建物に合わせたデザインを選ぶと失敗がなくなります。例えば化粧ブロック、レンガ、塗り壁、タイル塀、和風のブロック、竹垣、生け垣などの種類があります。今の化粧ブロックは種類が豊富なので、オシャレなデザインを作ることができます。塗り壁やタイル塀は少し割高になります。


塀を低くしオープンスタイル

塗り壁にスリットを入れました
Rub Wall|塗り壁にスリットを入れました

以前は家回りの塀は高くし、泥棒が入らないように設計するのが普通でした。しかし最近では、塀を低くし泥棒が敷地内に入っても目立つようにすることが、最大の防犯対策だと考えるようになりました。そのため塀の低くし、デザイン性をおしゃれにした塀を設計施工するようにしています。


道行く人を楽しませてあげよう!

塀に石で番号をつけました
Number on Wall|塀に石で番号をつけました
化粧ブロックとガラスブロックの組み合わせ
Glass Block|化粧ブロックとガラスブロックの組み合わせ
目隠しブロック塀で視線カット
Hide Wall|目隠しブロック塀で視線カット
Designed Block|ランダムな溝が特徴の化粧ブロック
Designed Block|ランダムな溝が特徴の化粧ブロック
和風の目隠しフェンス
Japanese Fence|和風竹垣の目隠しフェンス

塀は道行く人に一番見られる場所なので、住む人の個性を表現してセンスよく演出したいものです。素材の選び方、さりげない目隠し、緑のあしらいなど、思わず真似したくなるような素敵なデザインにすることが大切です。

そして、塀の内側には緑をたっぷり植えましょう!1軒の家が緑を提供すると、近所の人が散歩中にのぞいて、緑や草花の美しさに感動することで、近隣に緑の輪が広がっていくものです。いつの間にか、街全体が緑で覆われていたら、こんな素敵なことはありません。


緑で日射しを和らげる

ゴーヤやアサガオで緑のカーテン
Green Curtain|ゴーヤやアサガオで緑のカーテン
Hedge Screen|生け垣で緑を増やしましょう
Hedge Screen|生け垣で緑を増やしましょう

建物の前に並んだ樹木の緑が道路からの視線を遮るとともに、夏は直射日光を和らげて室内を涼しくし、冬には葉が落ちて暖かい日なたを作ってくれます。そうすれば冷暖房の使用が少なくなり、省エネルギーで地球環境にも優しい。原発問題で電気代のことがよく話題に挙がりますが、太陽光発電で自家発電するよりも、電気を使わない生活に切り替えてはいかがでしょうか?

夏限定ですが「緑のカーテン」なんていかがですか?アサガオやゴーヤを使って、「緑のカーテン」を作れば日射しや視線を遮ってくれます。しかもゴーヤは栄養満点で、ゴーヤチャンプルを作って暑い夏を乗り切りましょう!


南仏プロバンス風塗り壁仕上げがおすすめ

南欧風プロバンス風の塗り壁
Provence Wall|南欧風プロバンス風の塗り壁

南フランスの地中海を連想させる塀として、エクステリア業界では「南仏プロバンス風塗り壁」が今熱いです!「南欧風プロヴァンス」とも言いますが、おそらくイメージとしては白い家にオレンジの瓦屋根、そして真っ青な海を連想させるデザインです。とは言っても私も何のことやらさっぱり分かりませんが、とにかく綺麗でおとぎ話にも出てきそうな世界であることは確か...?


職人ひとくちメモ

境界のブロック積みは大変な重労働!1日に300本のブロックを積むこともあります。この仕事が長く続くと腰が痛くなり、それが原因で一生腰痛につき合うようになります。建物が建った後の境界ブロック積みは狭いので、できれば建つ前に工事がしたいです。


それでは、また。


合わせて読みたいブログ記事


地元を愛する職人

Web 職人のブログ
私が上の記事を書いています!


このページを読んだ人にお勧めの記事