外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » ブログ » 庭まわり » 芝生を子供にプレゼント

芝生を子供にプレゼント!大きくなったら家庭菜園で新鮮な野菜

2013年06月27日 カテゴリー:

あこがれの芝生のある庭!

芝生のある庭でのんびり過ごす
Relax in Garden|芝生のある庭でのんびり過ごす

庭の使い方は、子供が小さいうちは芝生、その後は家庭菜園が理想です。芝植えは簡単ですが、下地作りは難しい。芝生の庭は、芝刈り、水やり、施肥など手間がかかるものです。

★ ポイント

  • DIYで自分でやるか?業者に頼むか?
  • 日当り、風通し、水はけは良いか?
  • 人工芝という考え方もある
  • 子供が大きくなったら庭をリフォーム
  • 広い庭にはスプリンクラー

芝庭は子供の遊び場

子供が遊べる庭づくり
Play in the Garden|子供が遊べる芝庭づくり

芝生はグランドカバーの材料としては、最も一般的で多く使用されていて、しかも値段が安いです。青々とした芝生は、幸せな家族のシンボルにもなっています。明るく、広々とした庭というイメージがあり、きれいに手入れをされた緑は目に優しく映ります。

庭は生活スタイルによって変えていくことも大事なことです。子供を育てる時は、遊び回り、駆け回れるように広く、芝生の庭にしておくのが安全です。子供たちが大きく育った後は、好みの合わせて作り替えていけばいいわけです。家庭菜園で野菜を育てるなんていかがですか?


芝生の植え方

切り芝を敷いたばかりの状態
Lay Lawn|切り芝を敷いたばかりの状態
目土をかけた状態
Put soil|目土をかけた状態

芝生を張ることは簡単です。しかし重要なのは、芝生の下の土を平にすることです。これが素人にはかなり難しいです。水が流れるように勾配をつける必要はなく、凸凹をなくし平らにすることが芝張りでは一番大事なことです。水がたまりやすい庭は、土を入れ替えたり排水方法を考えなければなりません。

張り芝を行う時期は、真冬と真夏を避ければいつでもかまいませんが、芝が生育する適温期の直前3月から4月ごろの春先が最適です。切り芝を張る時に、目地が十文字にできると雨で目土が流れやすくなるので、互い違いになるように張りましょう。庭が広い場合は業者に任せた方が無難です。


水やりは大切

芝生にはウッドデッキが似合う
WoodDeck|芝生にはウッドデッキが似合う
高麗芝の冬枯れの状態
Winter Season|高麗芝の冬枯れの状態

芝生を張ってすぐは、芝生が根付くまでこまめに水やりをしましょう。夏の暑い時期は、水たまりができるぐらいたっぷり水をやることがポイント。一度根付いてしまえば、芝生の様子を見ながら水をやります。青々としていれば大丈夫で、少し枯れてきたなと思ったら水をたっぷりあげましょう。


手入れ、管理方法

芝刈りは大事な作業
Cut Lawn|芝刈りは大事な作業
まるで公園のような芝生のある庭
Lawn and Wood|まるで公園のような芝生のある庭

芝生の管理は大変です。とくに真夏の芝刈りは、1週間に1度は行わないといけません。夏の盛りには芝生はぐんぐんと伸びます。電動の芝刈り機があると楽ですね。

土が固くなってきたら「エアレーション」といって、土の中に空気を送らなければいけません。先の尖った串やフォークでも代用できます。適期的に肥料を施したり、雑草を抜いたり、痛んだら張替えしたりと、かなり手間がかかるので芝庭にするのは「覚悟が必要」です。


芝生の料金案内

  • 芝張り ¥3,000~/m2(面積)
  • 芝刈り ¥1,000~/m2(面積)
  • エアレーション ¥2,000~/m2(面積)
  • 発生したゴミ ¥800~/45Lゴミ袋1袋

家庭菜園で野菜づくり

家庭菜園で新鮮な野菜作り
Make Vegetables|家庭菜園で新鮮な野菜作り
ガーデニングは健康的な運動
Gardening Exercise|ガーデニングは健康的な運動

子供が大きくなったら広い芝生は必要ありません。そこでおすすめするのが「手作りの有機野菜」です。芝生の一角をはぎ取って土が出てきたら、そこに野菜を植えガーデニングをします。レンガや枕木で縁取りして、きれいな庭を造ってください★


職人ひとくちメモ

芝張りで大変なことは、土を平らにしたり、高さをそろえるために場外へ搬出することです。重機が入らない庭では、手作業でダンプ何台も土を運ばなければなりません。芝張り自体はあっという間に終わります。芝生が枯れてしまったというクレームがよくありますが、ほとんどは水不足が原因です。大事に育ててあげてください。


それでは、また。


合わせて読みたいブログ記事


地元を愛する職人

Web 職人のブログ
私が上の記事を書いています!


このページを読んだ人にお勧めの記事