外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » ブログ » 門まわり » 門まわりはデザインに工夫を!

門まわりはデザインに工夫を!1番目立つ家の顔となる場所★

2013年06月12日 カテゴリー:

いつもきれいに!

塗り壁の塀に向こうに門まわり
窓の向こうに塗り壁の門まわり

門まわりは1番目立つ場所なので、デザインに工夫をこらして思いっきり楽しみましょう!使いやすさと安全性を考慮した設計を。

★ ポイント

  • オープンにするかクローズにするか?
  • 階段やスロープが必要か?
  • バリアフリー対策を忘れずに!
  • 滑りにくい舗装材を選ぶ
  • 玄関が道路から直接見えないようにする
  • 最低1本は木を植えよう!

近所に負けないデザインを

真っ赤なポストと女の子
真っ赤なポストと女の子
フロントガーデンで庭づくり
Front Garden|フロントガーデンで庭づくり

門まわりは一番目立つ場所なので、デザインに工夫をこらして思いっきり楽しみましょう!洋風のデザインでは、レンガや化粧ブロックを使ってオープンスタイルにすることが多いです。また、和風のデザインでは、樹木を活かして自然石や洗い出し舗装を選び、日本独特の雰囲気づくりが必要になります。


オープンスタイルが人気

シンプルモダンな門まわり
Simple and Modern|シンプルモダンな門まわり
美しいレンガの門まわり
美しいレンガの門まわり

昔は家のまわりをブロック塀で囲うことで、泥棒が入りにくくする対策をしていました。しかし今は違います。塀が高いと敷地内に入った泥棒は、外からの目線を気にせずに仕事をすることができるそうです。そこで現在はあえてオープンスタイルにし、外部から見通せるようにしているデザインが多いです。

オープンスタイルにすると、門柱や門扉が必要ないので施工費が安くなります。開放的で自由に使える空間が増え、フレキシブルにデザインを変えたりすることができリフォームも容易です。ただ門まわりにはシンボルが必要です。植木や機能門柱などがあると、その役割を果たしてくれます。


毎日使うので安全に考慮

階段と手すりをつけて、安心安全な門まわり
階段に手すりをつけて、安心安全な門まわり
自然石を貼った豪華な門まわり
自然石を丁寧に貼った豪華な門まわり

毎日使う場所でもあり、歩きやすく安全が大事になるので、電気でアプローチに照らしたり幅を広くとることが大切です。階段を作る場合は、踏み面は30cm、蹴上げは15cmぐらいが理想。階段には手すりをつけ、滑りにくい舗装材を選ぶことが大事です。雨の日のタイルは滑りやすいですが、最近のタイルは小さな突起があり滑りにくくしてあるので大丈夫です。

また、高齢者がいる人やいずれ自分も体がうまく動かなくなるので、バリアフリー対策を早いうちから検討しておくと良いでしょう。道路から敷地に入って、玄関までの距離が長い場合はスロープロ作り、車いすでもスムーズに上れるようにしておくと安心です。狭い通路でケガをする人が増えているので、しっかり設計しましょう。


草花、植木を必ず植えましょう

目隠しフェンスと門まわり
Hide Fence|目隠しフェンスと門まわり
カラフルでバリエーション豊かな門まわり
カラフルでバリエーション豊かな門まわり

アパートやマンション暮らしをしていた人にとっては、ガーデニングなんて面倒くさいと思います。しかし、きれいな花が咲いているだけで心が癒され、生活に彩りを添えてくれます。年をとっても、花が嫌いな人なんていませんよね?少しずつでもいいので、ガーデニングを始めてみましょう!

門まわりは庭とは違うので、あまり大きなスペースをガーデニングにとらず、レンガやブロックで小さな花壇を作ることをおすすめしています。シンボルツリー(記念樹)を1本必ず植え、子供の成長と共に見守っていきましょう。せっかく一戸建ての家を買ったのに、ガーデニングをしないなんて損です。私は庭いじりをするために、家を持つのが本当の意味だと思います。


職人ひとくちメモ

門まわりは一番目立つ場所なので、ミスが許されない大変気を使う施工になります。お客さんが住んでいると玄関までの通路を確保する必要があり、ケガをされたら大変なので、いつもきれいに整頓しておくことを心がけています。


それでは、また。


合わせて読みたいブログ記事


地元を愛する職人

Web 職人のブログ
私が上の記事を書いています!


このページを読んだ人にお勧めの記事