外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » ジニア、ヒャクニチソウ【春播き1年草】

ジニア、ヒャクニチソウ【春播き1年草】20種のうち人気おすすめ2種類

ジニア|学名Zinnia

花言葉

高貴な心


分類

キク科


特性

ジニア属の植物は、メキシコを中心に約20種自生している。一年草、多年草、低木などである。

ヒャクニチソウ|学名Zinnia elegans

ヒャクニチソウ、春播き1年草 ヒャクニチソウ、春播き1年草

原産地

メキシコ


特性

春播き一年草。夏から秋にカラフルな花を咲かせる。草丈は30cmくらいのわい性のものから1mくらいになる高性のものまである。花径も2~4cmの小輪ポンポン咲きのものから15cmを超えるものまである。

花壇植えだけでなく、夏場の貴重な切花としても利用されている。


百日草って100日咲くの?

ヒャクニチソウ(百日草)の名前があるが、個々の花が長持ちするわけではない。切花、花がら摘みをすることにより、わき芽が生じ、次々に花を咲かせるからである。


用途

庭植え、鉢植え、切花


育て方・栽培のポイント

春に種子を播く。発芽適温20℃。日当たりのよい場所で栽培する。

肥料が切れると小形化するので、緩効性化成肥料を元肥として施すか、追肥をときどき施す。花がら摘みを行う。

株が老化すると姿が乱れ、花も貧弱になるので、花壇などで長く楽しむためには株を更新した方がよい。


ホソバヒャクニチソウ|学名Zinnia haageana = Zinnia linearis 別名:リネアリス、メキシコヒャクニチソウ

ホソバヒャクニチソウ、リネアリス、メキシコヒャクニチソウ、春播き1年草 ホソバヒャクニチソウ、リネアリス、メキシコヒャクニチソウ、春播き1年草

原産地

メキシコ


特性

従来、リネアリス種(Z.angustifolia = Z.linearis)とされてきた植物がハーゲアナ種(Z.haageana)であるという。

春播き一年草。非常に丈夫な植物で、花径3~4cmの橙色、白色の花を夏から秋に多数咲かせる。ヒャクニチソウとこのホソバヒャクニチソウを交配した園芸品種も作られている。


用途

庭植え、鉢植え


育て方・栽培のポイント

春に種子を播く。発芽適温20℃。日当たり、水はけのよい場所で栽培する。

多肥栽培では茎葉が過繁茂になり、花つきが悪くなる。元肥は控えめにし、追肥を施す。

また、大株になりすぎたときは、半分くらいに切り戻すとよい。


【作成日:2012年8月29日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事