外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » トレニア【春播き1,2年草】

トレニア【春播き1,2年草】開花期は6~10月、花色は淡青、白、ピンク

トレニア|学名Torenia fournieri

トレニア、1年草、2年草 トレニア、1年草、2年草

花言葉

控えめな美

分類

ゴマノハグ科サトレニア(Torenia)属(ツルウリクサ)


原産地

熱帯アジアからアフリカに約40種


特性

一・二年草。茎は町立またはほふく。草丈20~30cm。葉は単葉で対生している。

花は腋生し、単生または茎頂に総状花序。花冠は筒状で2唇5裂。

花の直径は3cm程度。開花期は6~10月。花色は淡青、白、ピンクがある。


用途

花壇、コンテナ


育て方・栽培のポイント

寒さに弱く越冬できない。4月頃種子を播き、5~6月頃定植するか、苗を購入し、定植する。

水枯れに弱いので、水分を保つ土を利用する。生育中は肥料を切らさないように、液体肥料を継続して与える。

基本的には日当たりのよい場所を選ぶ植物であるが、日陰にも強く比較的花も咲く。

夏の日当たりの悪い花壇の商材としては数少ないものの1つで、今後は有望である。

トレニア、1年草、2年草 トレニア、1年草、2年草 トレニア、1年草、2年草 トレニア、1年草、2年草

【作成日:2012年8月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事