外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » ストック、アラセイトウ【秋播き1年草】

ストック、アラセイトウ【秋播き1年草】12月までに花つき苗を求める

ストック|学名Matthiola incana 別名:アラセイトウ

ストック、アラセイトウ、秋播き1年草 ストック、アラセイトウ、秋播き1年草

特徴

甘い香りとクリアな花色が魅力。12月までに花つきの苗を求めると、寒さのため開花がゆっくり進み春まで楽しめる。つぼみがかたい苗の開花は翌春になる。長く花を楽しむためには、分枝性の品種を選ぶこと。一重咲きの株はタネができて花が早く終わるので避ける。バスケットにはわい性の品種が向く。

花言葉

永遠の愛、豊かな愛


分類

アブラナ科


原産地

南ヨーロッパ


特性

秋播き一年草。早春に香りの高いボリューム感のある花穂をつける。花色は白、桃、紫、黄色などがある。

八重咲きのものを観賞するが、種子が採れないので、一重の花から種子をとり、種子を播いて八重咲きのものだけ残している。草丈60~80cmの一本立ち系、分枝系などがある。近年はスプレー咲きのものも人気がある。草丈20~30cmのわい性系もある。


用途

切花、庭植え、鉢植え


育て方・栽培のポイント

秋に種子を播く。発芽適温20℃。発芽したら早めに八重鑑別を行う。

発芽が早く、子葉の色が淡く、楕円形で、本葉に欠陥のあるのものが、八重咲きの可能性が高いので残し、ほかは間引いてしまう。

ポットなどに移植して育苗し、本葉4~6枚で日当たりと水はけのよい場所に定植する。

酸性土を嫌うので苦土石灰を施し、緩効性肥料を元肥として施しておく。コナガの被害を受けることがあるので、早めに防除する。

ストック、アラセイトウ、秋播き1年草 ストック、アラセイトウ、秋播き1年草 ストック、アラセイトウ、秋播き1年草 ストック、アラセイトウ、秋播き1年草

【作成日:2012年8月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事