外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » ロベリア、ルリチョウソウ【秋播き1年草】

ロベリア、ルリチョウソウ【秋播き1年草】9月下旬~10月に種をまく

ロベリア|学名Lobelia × Speciosa 別名:ルリチョウソウ

ロベリア、ルリチョウソウ、1年草 ロベリア、ルリチョウソウ、1年草

花言葉

強い個性、強い指導力

分類

キキョウ科サワギキョウ属


原産地

南アフリカ


特性

半耐寒性秋播き一年草、多年草


用途

花壇、コンテナ


育て方・栽培のポイント

日当たりがよく、水はけのよい場所を好む。暑さに弱い。9月下旬~10月に播種する。

種子は非常に細かいので、平鉢か箱に播き、底面から潅水する。

本葉2枚で苗床に仮植えし、5枚くらいで花壇に15cm間隔程度で定植する。

冬期は5℃以上で保温と霜除けが必要である。春になると見事に開花するが、高温多湿に弱く梅雨期になると枯れてしまう。

ロベリア、ルリチョウソウ、1年草 ロベリア、ルリチョウソウ、1年草 ロベリア、ルリチョウソウ、1年草 ロベリア、ルリチョウソウ、1年草

【作成日:2012年9月2日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事