外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » カスミソウ【秋播き1年草】

カスミソウ【秋播き1年草】花は5~7月に咲き、白色が一般的

カスミソウ|学名Gypsophila

カスミソウ、秋播き1年草 カスミソウ、秋播き1年草

花言葉

深い思いやり

分類

ナデシコ科


原産地

東ヨーロッパからアジア


特性

耐寒性の多年草または秋播き一年草。属名のGypsophilaは、石灰を好むという意味があり、石灰岩地帯に自生することによる。アジア、ヨーロッパ、北アフリカなどに約60種が分布している。

一年草タイプのカスミソウ、エレガンス種(G.elegans)と、多年草タイプの八重咲き宿根カスミソウ、パニキュラータ種(G.paniculata)などの園芸品種が栽培されている。

5~7月に、直径10mm以下の小花を多数群生させて咲かせる。白色の花が一般的であるが、桃色や紅色の花を咲かせることもある。


用途

切花、庭植え、鉢植え


育て方・栽培のポイント

日当りと風通し、水はけのよい場所で栽培する。石灰を好むので、苦土石灰などを施して中性に矯正し、堆肥などの有機質資材を施し、通気をよくした場所で栽培する。

宿根カスミソウのパニキュラータ種は、挿し木した苗を秋に植える。エレガンス種は、秋か春に種子を播いて苗を育てる。

発芽適温は18℃。株張りが大きくなるので、株間は30cm以上とる。

乾燥気味に管理し、切花には満開に近いものを使う。切花はドライフラワーにできる。

カスミソウ、秋播き1年草 カスミソウ、秋播き1年草 カスミソウ、秋播き1年草 カスミソウ、秋播き1年草

【作成日:2012年8月28日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事