外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 1年草・2年草 » デージー、ヒナギク【1年草・多年草】

デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ【1年草・多年草】

デージー|学名Bellis 別名:ヒナギク(雛菊)

デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草 デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草

花言葉

純潔、無邪気

分類

キク科ベリス属(ヒナギク属)

ヒナギク(B.perennis)、リグノサ(B.p.ligulosa)、バリエガータ(B.p.variegata)など。

※家庭園芸用に一般流通されている種類は「ヒナギク」で、「リグノサ」「バリエガータ」は亜種。


原産地

ヨーロッパおよび地中海沿岸地方に約10種。


特性

耐寒性一年草および多年草。草丈10~20cm。

花期は普通春であるが、園芸種では秋から開花する品種もある。葉は根出し、有柄で倒卵形またはへら形で、全縁または波状縁。花は単生の頭状花序で、径3~5cm。

花色は紅、桃、白が基本で濃淡、絞り咲きなどがある。


用途

花壇、コンテナ


育て方・栽培のポイント

一般的なポイント

耐寒性が強いが高温多湿に弱い。栽培は戸外が原則。日当たりと水はけのよい土地を好み、有機質を施した土をよく耕起すれば栽培可能。灌水、病害虫防除、施肥などは一般管理に準ずる。


用土の選び方

コンテナ用土は排水を良くするため市販の赤玉土や培養土に、鹿沼土や腐葉土を1~2割混ぜ、さらに完熟堆肥を1割程度加えた配合土が理想。導入はポット苗または種子。


種子の扱い方

種子は初夏または秋に、播き箱へ播く。種子は細かい。種子播き用土は、調整済みのピートモスなど微細な用土が理想。夏前の種子播きでは、夏期はできるだけ涼しい半日陰で管理し、秋から春までは日当たりのよいところに移動する。


秋に植え付ける

植え付けは秋が基本であるが、寒さに厳しい地域では春植えでもよい。


コンテナ栽培

花壇の株間は20~30cm。コンテナでは4号鉢に1株程度で植えつける。

デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草 デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草 デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草 デージー、ヒナギク、リグロサ、バリエガータ、1年草、多年草

【作成日:2012年8月30日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事