外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 会社概要 » 電気・水道・駐車代は自己負担

電気代・水道代・駐車料金は自己負担!必要経費は自腹で

工事中に使った、水道や電気代は施主負担!

電気代・水道代・駐車料金は自己負担! 電気代・水道代・駐車料金は自己負担!

工事をするには、水道や電気が使われますが、それらの料金は施主が負担することになります。そもそも、外構エクステリア工事では、工事用に新たに電気や水道を引き込むことがないので、その家の水道や電気を使うのです。

住宅リフォーム推進協議会の標準契約書には、リフォーム会社が工事を請け負う条件のひとつとして、「工事用の電気・水道・ガスについては、お客様宅のものを使用させていただきます。」と記載されています。

その家の水道や電気を使うことは、決して非常識なことではないのです。その料金は、工事費の一部と考えてください。

駐車料金も施主負担

電気代・水道代・駐車料金は自己負担!
工事車両が停車できない場合は、駐車場を利用します

外構工事中には、毎日、工事用の車両が出入りします。材料を運んできてすぐ帰るような場合を除いて、駐車場が必要となります。

その家の敷地に車を停める余裕がある場合や、マンションで工事用車両のために駐車場が用意されている場合はいいのですが、都市部の一戸建てでは、そういった余裕がないのが実情です。

そのような場合は、外構会社が近くに駐車場を借りることもあります。その料金ですが一般的には、施主の負担となると考えた方がよいでしょう。

これも工事費以外にかかる費用の一部というわけです。急に請求されても困るので、あらかじめ外構会社にいくらかかるのか聞いて、準備しておきましょう。

【作成日:2013年1月1日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事