外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 会社概要 » 外構費用を安く抑えるコツ

外構費用を"安く"抑えるコツを伝授!我慢できる物は我慢

優先順位をつけて、我慢できるものは我慢!

外構費用を安く抑えるコツ

工事への期待いっぱいに要望を盛り込んでも、必ず予算オーバーしてしまいます。そういう時は、どうすれば費用を抑えられるのかを覚えておきましょう。

いちばんよい方法は、要望に優先順位をつけておくことです。最も優先させるのは、お隣さんとの境界部分。あるいは駐車場や門まわりでしょう。

次に、自分がこうしたいと強く望んでいることを優先して、要望に順位をつけます。そうすれば、見積もりが予算を超えたとき、何を我慢して省かなくてはならないか見えてきます。

駐車場・車庫の費用を抑えるコツ

外構費用を安く抑えるコツ

駐車場は土のままだと、道路を泥で汚してしまうので、何かしらの手を打たなければならないので、そのままというわけにはいきません。そこでこんな風に考えてはいかがですか?

どうしても予算が足りない方には、駐車場のコンクリートをあきらめてもらい、砂利敷きだけで工事を終わらせることがよくあります。ただ、いずれお金に余裕ができたらコンクリートを打設することを目標にしています。

そうすれば、他の設備にお金を回すことができるので、費用を安く抑えられます。


駐車料金を抑えるコツ

外構費用を安く抑えるコツ

車を所有している方は多いと思いますが、仮住まいをしていて引っ越してきた場合など、駐車場が仕上がっていることが最優先になります。他で借りているといつまでも駐車料金がかかってしまいます。

建物の工期や引っ越しの日時などの影響で、どうしても引っ越し前に工事を終わらせられないことが多々あります。そういう場合は、施工会社さんに駐車場を優先して工事してもらう手があります。

駐車場のコンクリートを打設してから、最低5日は車が乗れないので注意が必要です。

ただ最近のご時世、都市部では道路に車を泊めておくのが近所に迷惑になるということもあり、基本的に建物の建築会社では近くに駐車場を借りています。まだ、契約が残っていたら、そこに車を置かせてもらえば、駐車料金を抑えることができますので、担当者に相談してみてください。


見栄えを簡素にする

外構費用を安く抑えるコツ

施工費(人件費)はどうしても削ることができません。そこで材料や商品を安くしてもらう方法があります。

外構会社によっては、値段の高いメーカーの商品と同等の品質や機能を持つ他社の商品を、安く仕れられる場合があります。その辺りは、担当者に相談してください。

また、アルミ製品のグレードを落として、最低限の機能を満足させられればよしとする考え方もあります。正面のフェンスはおしゃれなモノを使いたいですが、わざわざ境界までおしゃれにする必要はありません。

要するに、見栄えの問題なので、我慢できるところは我慢することも大切です。


ローンを利用する

当社では、オリコのローンを活用して、分割で工事費用を払うこともできます。ぜひ活用してみてください。

≫ガーデンリフォームローンの詳細はこちら

【作成日:2013年1月1日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事